FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
異例の天才の異例の引退劇―JRA通算1918勝の藤田伸二騎手が電撃引退!
歴代8位、現役5位のJRA通算1918勝を誇る藤田伸二騎手が、
騎手免許の取消申請を提出したことを6日、JRAが発表しました。

異例ともいえる藤田騎手の電撃引退発表に、競馬関係者の間で衝撃が走っています。


この引退に関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「史上8位のJRA通算1918勝を挙げた、藤田伸二騎手(43)が6日、電撃引退を決めた。
この日の札幌競馬7Rでイキオイ(10着)に騎乗後、JRAに騎手免許取り消し願いを提出。
今後は引退式なども行わない予定だ。
1996年にフサイチコンコルドでダービーを制するなどG1で17勝を記録した名ジョッキーが、
静かにターフを去ることになった。

突然の出来事だった。
藤田は札幌7Rのレース後、検量室で裁決委員に「騎手免許取り消し願い」を提出。
全レース終了を待たずに競馬場を後にすると、
インターネット上で直筆メッセージを公開して、ファンに別れを告げた。

藤田は1991年3月2日、中京競馬場でデビュー。
翌週3月9日、中京1R(マキバスクリーン)で初勝利を挙げると、
その後も勝ち星を積み重ね、12月のラジオたんぱ杯3歳S(ノーザンコンダクト)では重賞初制覇。
1年目に39勝を挙げ、最多勝利新人騎手に輝いた。

翌92年に、ブービーの17番人気だったタケノベルベットでエリザベス女王杯を制し、G1騎手の仲間入り。
そして、「藤田伸二」の名を大きく世に広めることになったのが、
96年、フサイチコンコルドで制した日本ダービーだった。
わずかキャリア2戦で挑んだ頂上決戦を7番人気で迎えたが、
1番人気のダンスインザダークを猛然と追い込んで、ダービージョッキーとして名を刻んだ。

その後もシルクジャスティスの有馬記念(97年)、
シルクプリマドンナのオークス(2000年)など、大舞台での勝負強さを発揮。
近年ではトランセンドとのコンビでダートG1を4勝するなど、G1通算17勝を挙げた。

だが、近年は徐々に騎乗数、勝ち星が減少。
5日の札幌2R(ジョルジュサンク)が最後の勝ち星となった。
今後はJRAで手続きが行われ、7日以降に、正式に引退騎手として発表される。

◆藤田 伸二(ふじた しんじ)1972年2月27日生まれ、北海道出身。43歳。
1991年から栗東・境直行厩舎に所属。97年からフリー。
JRA通算1918勝。G117勝。重賞93勝。
その言動から『男』と評され、
好成績とフェアプレーの両面を兼ね備えた特別模範騎手賞
(東西の勝利数、獲得賞金額、勝率の各部門で5位に入り、かつ制裁点が0点)に
史上ただひとり2度(04、10年)受賞している。


あまりにも突然すぎる引退発表でした。

藤田騎手は、人気と実力を兼ね備えたトップジョッキーの一人であり、
また異例の天才ともいえる競馬界随一の個性派ジョッキーでもありました。

そういった意味でいえば実に藤田騎手らしい最後だったといえるかもしれません。

藤田騎手、お疲れ様でした。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック