cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
レジェンドが去る時―中日ドラゴンズ・山本昌が公式ホームページで引退発表
中日ドラゴンズの山本昌投手が公式ホームページで今季限りでの引退を発表しました。

球界のレジェンドといわれる山本昌投手の引退発表を残念がる声が広がっています。


この引退発表に関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「球界のレジェンド・中日の山本昌投手(50)が25日、公式ホームページで今季限りでの引退を発表した。

「中日ドラゴンズ・山本昌広のページ」のトップに25日付けで
「今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました。
8月の登板で故障して以来、どうするべきか悩みに悩みましたが、
きのうチームの今季本拠地最終戦でナゴヤドームに行き、
若返りを推進しているドラゴンズの現状を目の当たりにして、
ボクが残ったらダメだと強く感じ、引退を決めました」と声明文を掲載した。
すでに白井文吾オーナーに報告したという。

山本昌は進退について11日
「落合GMから『おまえが決めろ』と言われている」と、自身の判断に委ねられていることを明かし、
その上で「全部終わってから。自分で決めます」と、全日程終了後に結論を出すとしていた。
球団内でも続行派と引退派で真っ二つになっていたが、山本昌は引退を選んだ。
落合GMの発言について
「やるかやらないかを決めるのではなく、だれもやめろとは言わないので、
自分で決断しなさいという意味だったのだと、今は理解しています」としている。

山本昌は8月9日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)に今季初登板したが、左手人さし指を突き指して途中降板。
二軍で調整中のままナゴヤドーム最終戦(24日)を迎えた。
球界初となる50歳以上での登板、
勝利すればジェイミー・モイヤー(元ロッキーズ)の
49歳180日の世界最年長勝利記録更新という大記録が期待されたが、
「モイヤーの大リーグ最年長勝利記録の更新や、
50歳登板というみなさんに期待していただいたことを実現できなかったのは残念ですが、
ボク自身は心を決めた今、とってもすっきりしています」と心境を明かしている。

最後に
「ファンのみなさんのご声援がなければ一歩たりとも進めなかった32年間でした。
感謝、という言葉しか、思いつきません。
こんな幸せな野球人生は、生まれ変わっても二度と送れないでしょう」と感謝の言葉で締めくくった。」


今年で50歳を迎えた山本昌投手ですが、この年齢になるまで現役を続けるというのは並大抵のことではありません。

親子ほども年の離れた若手選手たちに囲まれながら第一線でプレイをし続けるというのは本当にスゴイことです。

まさしくレジェンド(伝説)でした。

引退してしまうのは残念なことですが、
今はただ32年現役として走り続けてきた山本昌投手に敬意を表したいと思います。

本当にお疲れさまでした。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック