cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
継続する力―J1史上初、名古屋GK楢崎が600試合出場を達成
10月3日、とある前人未到の記録が達成されました。

それは、名古屋グランパスのGK楢崎正剛選手が
Jリーグ通算600試合出場を達成したというものです。

この出場試合数はJ1史上最多となります。


このことを取り上げた記事が『フットボールチャンネル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「名古屋グランパスの元日本代表GK楢崎正剛が前人未到の大記録を達成した。
3日の明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節柏レイソル戦に先発した楢崎は、
Jリーグ通算600試合出場を果たしている。

奈良育英高校から1995年に横浜フリューゲルス(当時)に入団した楢崎は、
ルーキーイヤーのJリーグNICOSシリーズ第2節ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)戦で
プロデビューを果たすと、1年目から23試合に出場した。

翌年には日本代表に初選出され、
1998年のフランスW杯から2010年の南アフリカW杯まで4大会連続で出場し、
A代表通算77試合に出場している。

クラブレベルでは1998年度限りで消滅した横浜Fから名古屋グランパスに移籍し、
プロキャリア21年連続で20試合以上に出場するなど継続してJリーグをけん引してきた。
名古屋では入団以降常にレギュラーポジションを守り続けて17年目を迎えている。

来年には40歳を迎える楢崎だが、依然日本トップクラスの実力を保ち続けている。
自身の出場記録をどこまで伸ばせるか。
J1通算700試合出場には最低3年が必要だが、
達成すれば伝説として新たな歴史の扉を開くことになるだろう。」


とにかくスゴイ記録です。

ゴールキーパー自体が他のポジションに比べればベテラン選手が活躍しやすいポジションであるとはいえ、
ルーキーイヤーから常にコンスタントに試合に出続け、
39歳でこの記録を達成するというのは並大抵のことではありません。

それに依然日本トップクラスの実力を保持しているというのですから、本当に化け物です。

これから更なる記録の更新に期待しつつ、楢崎選手の更なる活躍から目が離せません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック