cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
スポーツマンシップに反する行為―巨人・福田が野球賭博に関与していたことが発覚
巨人の福田聡志投手が野球賭博に関与していたことが発覚しました。

この愚行に対して、球界からは驚きと失望の声が上がっています。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「巨人は5日、東京・大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、
福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していたと発表した。
今年8月から9月にかけ、知人男性A氏の誘いに乗り、
夏の甲子園大会、巨人戦を含むプロ野球、米大リーグの試合を対象に賭けを行っていた。
負け額が百数十万円に上り、A氏が川崎市のジャイアンツ球場に取り立てに訪れ、発覚した。
球団は福田を熊崎勝彦コミッショナー(73)に告発する。
A氏を紹介した笠原将生投手(24)とともに、謹慎処分とした。

希望枠で巨人に入団した福田が、野球賭博に手を染めていた。
球団が会見で明らかにした調査の内容は、欲望に溺れる過程をたどった生々しいものだった。

福田は昨年、同僚の笠原から紹介を受け、税理士法人勤務と名乗るA氏と知り合った。
賭けマージャンなどを通じ親しい仲となり「野球の試合で賭けをしないか」と誘われた。
1度は断ったが、今年8月、軽い気持ちで夏の甲子園大会の賭けをすることにした。

試合ごとにハンディをつけた一覧がメールで送られてきた。
その中から試合を選び、1点1万円で勝敗と賭ける点数を伝える簡単なシステム。
負けが続いてものめりこんでいった。
A氏は「プロ野球で取り返せばいい」と持ちかけた。
巨人戦3、4試合を含むプロ野球の約10試合、メジャーの約10試合も賭けの対象になった。
「遊びだから、どんどんやっていいよ」と請求もないまま、負け額は百数十万円に膨らんでいった。

9月に入り、子供が生まれることから賭けをやめようと思った。
A氏からの連絡を無視した。
すると同30日午前、川崎市のジャイアンツ球場に突然A氏が現れた。
ガードマンが用件を尋ねると「福田に貸しているお金を返してもらいに来た」と言い、事態が明るみに出た。
球団はただちに事情を聴き、携帯電話に残された記録などを確認した。
弁護士などにも調査を委託し、野球協約が禁じる不正行為、賭博行為が行われた疑いが極めて強いと判断。
熊崎コミッショナーに告発することを決めた。

福田は今季の1軍登板がなく、八百長行為は認められていない。
現時点では、A氏が暴力団関係者である認識はない。
刑法の賭博罪に該当する疑いもあり、警察への届け出を検討している。
コミッショナーによる調査をふまえ、解雇を含めた今後の処分を決定する。

球界の盟主に所属する選手が、球界を揺るがすコンプライアンス違反を犯した。
久保球団社長は
「当球団の選手が、プロ野球の信頼を失墜させる行為をしたことに関して、深くおわびさせていただきます。
また、クライマックスシリーズ、日本シリーズという大切な時期に、
こういったお知らせをすることにつきましても、あわせましておわび申し上げます」と話した。
10日からのCSファーストステージは辞退しない方針。
調査の行方が注目される。」


日本プロ野球界は「黒い霧事件」以降、球界の浄化運動に努めてきたという事実があります。

その結果、「黒い霧事件」以降はこのような野球賭博に関わる選手は出てきていませんでした。

それだけに今回の愚行に対する衝撃はかなり大きなものでした。

確かに福田選手は今季1軍登板はなく、直接的に勝敗に関わる立場になかったという事実はあります。

しかしながら、選手の体調などは知りえる立場にあったわけで、
やはり野球賭博に関わったということは非常に罪深い行為であったといえます。

「紳士たれ」が身上の巨人の選手がこれでは、球界の信用は下がってしまうと言わざるを得ません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック