cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『火花』 又吉直樹



今回は又吉直樹著『火花』について書いていきたいと思います。


内容
売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。

お笑い芸人二人。

奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、
彼を師と慕う後輩徳永。

笑いの真髄について議論しながら、
それぞれの道を歩んでいる。

神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。

彼らの人生はどう変転していくのか。

人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

感想
言わずと知れた話題作です。

この『火花』はお笑いコンビ・ピースのボケ担当である又吉直樹さんが初めて書いた中編小説であります。

そんな処女作ともいうべき作品が「第153回芥川龍之介賞」を受賞したということで、
世間的な注目を一気に集めました。

内容的なことを言うと、
まさに又吉さんにしか書けない作品だといえるわけです。

主人公である徳永はまさに又吉さんをモデルにしたキャラクターです。

だからもの凄くリアルな雰囲気が出ているわけです。

これだけの話題作になってしまうと、
色々な雑音(批判)があるとは思いますが、
自分的には非常に面白い作品だと思いました。

おススメです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック