cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
早期復帰を願う―福永祐一騎手に全治4カ月の診断、右肩の靱帯断裂も判明
このブログでも以前取り上げた通り、
10月31日に行われた「スワンS」で福永祐一騎手が落馬し負傷したわけですが、
このたび精密検査の結果、全治4カ月と診断されたことが発表されました。

右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断されていましたが、
今回の精密検査によって脱臼した右肩靱帯の断裂、右胸骨骨折も新たに判明したそうです。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「10月31日の京都11Rで落馬負傷し、
右肩鎖関節脱臼、右鎖骨を剥離骨折した福永祐一騎手(38)=栗・フリー=は3日、
京都市内の病院で受けた精密検査の結果、全治4カ月と診断された。
脱臼した右肩の靱帯(じんたい)が断裂しており、6日に手術を受ける予定だ。

今年、121勝(3日現在)をあげ、全国リーディングトップを快走中のユーイチが、長期離脱することになった。

31日の京都11RスワンSでローブティサージュに騎乗していたが、
直線で前の馬に進路をカットされた際、その馬に触れて、バランスを崩して転倒し落馬。
右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折と診断されたが、
精密検査で右肩の靱帯(じんたい)断裂、右胸骨骨折も新たに判明した。
6日に右肩の手術をする予定で、全治は4カ月の見込み。
復帰時期は未定も来年3月がめどになりそうだ。

福永騎手の落馬負傷による戦線離脱は、今回で3度目となる。
1999年4月に中京競馬で本馬場入場後に落馬し、
左腎臓を損傷し摘出手術を受けるなど、約3カ月の休養。
2009年12月には阪神競馬でゲート内で落馬し、
右ひじ関節を脱臼して損傷した靱帯(じんたい)の手術で約1カ月休養している。
今回が最も長い休養期間になる可能性がある。

福永騎手は
「全治はあくまで見立てですし、手術の結果でどうなるかですね。
ファンの方が心配してくださっている声を伝え聞いていますし、本当にありがたいこと。
しっかり治して、復帰したいと思っています」と話した。」


やはり年内復帰は厳しいようですね。

残念です。

ただ騎手生命が絶たれるような怪我ではなくて本当に良かったです。

以前の記事からの繰り返しになりますが、福永騎手の姿を再びターフで見れる日を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック