cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
苦戦の末の勝利―サッカー・日本代表がカンボジア代表に2-0の辛勝
11月17日、ロシアW杯アジア2次予選でサッカー・日本代表はカンボジア代表と対戦し、
オウンゴールなどによって2-0で勝利を収めました。

今年最後となる試合を何とか白星で飾りました。


このことについて書かれた記事が『ゲキサカ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「[11.17 W杯アジア2次予選 カンボジア 0-2 日本 プノンペン]

日本代表は17日、W杯アジア2次予選でFIFAランク183位(日本は50位)、
今予選6戦全敗で最下位のカンボジア代表とプノンペンのナショナルオリンピックスタジアムで対戦した。
前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にPKの好機を迎えながらもFW岡崎慎司がまさかの失敗。
だが後半6分に先制に成功すると、試合終了間際の同45分にFW本田圭佑が追加点を奪って2-0の完封勝利。
W杯予選6試合連続完封の新記録を達成し、15年ラストマッチを白星で飾った。

日本は12日に行われたシンガポール戦から
GK西川周作、DF長友佑都、DF吉田麻也以外の先発8人を入れ替えて、カンボジア戦に臨んだ。
GKに西川、最終ラインは右から長友、吉田、DF槙野智章、DF藤春廣輝が並び、
中盤はMF香川真司、MF山口蛍、MF遠藤航で形成され、前線には右からFW原口元気、
ゲームキャプテンを務める岡崎、FW宇佐美貴史が配置された。

9月3日に埼玉スタジアムで対戦した際に3-0で勝利している日本が、
序盤からシュートまで持ち込む場面を作り出す。
前半10分には右サイドでボールを受けた岡崎がDF2人を抜いてゴールを狙うが
GKウム・セレイロットにストップされ、こぼれ球に反応した原口のシュートはDFにブロックされてしまう。
さらに同16分にはPA内でボールを受けた香川が鋭い反転から右足で狙ったが、ボールはゴール左へと外れた。

すると前半22分には槙野のパスをカットされるとカンボジアにカウンターを仕掛けられ、
MFクオン・ラボラビーにシュートまで持ち込まれてしまう。
さらに同31分にはFWケオ・ソクペンに直接FKでゴールを脅かされたものの、吉田がクリアして得点を許さなかった。
その後、カンボジアの守備に苦しめられた日本は前半アディショナルタイム、
香川のパスからPA内に進入した藤春が左足で合わせたシュートがポストに弾かれるなど無得点のまま、
前半終了のホイッスルを聞くことになった。

スコアレスで後半を迎えると、日本は遠藤に代えてMF柏木陽介を投入する。
すると開始早々の後半1分、柏木のパスを岡崎がヘッドで落とすと、
ボールに反応した香川がPA内で相手DFのファウルを誘ってPKを獲得。
しかし、キッカーを務めた岡崎のシュートがセレイロットにセーブされて先制の好機を逃してしまう。
だが後半6分、柏木の蹴り出したFKを
岡崎とFWネン・ソティアロットが競ったボールがゴールマウスへと吸い込まれ、日本が先制に成功した。

後半14分には左サイドの原口が送ったクロスを長友がヘディングで狙ったが、セレイロットに阻まれてしまう。
すると同17分、宇佐美に代わり、W杯予選4試合連続ゴール中の本田がピッチに送り込まれた。
後半18分には柏木のパスから投入直後の本田がゴールを脅かしたがシュートはセイロットにストップされ、
さらに同23分には山口が強烈なミドルシュートを枠内に飛ばしたが、これもセレイロットに弾き出されてしまった。

日本は後半36分にミドルレンジから柏木が、
同39分には柏木のパスを受けた本田が狙うも、ともにセレイロットに阻まれてしまう。
同41分には岡崎に代えて3枚目のカードとなるFW南野拓実を投入。
すると同45分、左サイドを突破した藤春のクロスを本田がW杯予選5試合連続となるゴールをヘッドで叩き込み、
2-0の完封勝利を収めた。」


何とか苦しみながら勝利を収めました。

前節のシンガポール戦が快勝だっただけに、
FIFAランク183位のシンガポール戦ではより多くのゴールが生まれることが期待されましたが、
結果的には前節よりも少ないゴール数で終わり、少し不満が残る結果に終わりました。

とはいっても、記事にもある通り、W杯予選6試合連続完封の新記録を達成するなど明るい話題もあります。

これが今年最後の試合ですので、2016年はより輝くプレーをしていただけることに期待したいですね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック