cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
とんでもないやつがやって来た!―藤田伸二さんがラジオで過激発言を連発
今年の日本競馬界を騒がせた話題の一つに藤田伸二さんの騎手引退があります。

引退後は表舞台に立つこともなく特に目立った動きがなかったわけですが、
ここにきて22日に放送されたTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』に登場し、
現役時代と変わらぬ過激な発言を連発して話題になっています。


このことについて書いた記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「元JRAジョッキーの藤田伸二氏(43)が、22日、
TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・13時)にガラガラ声で登場し、「酒の飲み過ぎです」と先制ジャブ。
初対面の大田光からの「いい意味でビジュアル系、もっといい意味で言うとホスト系」は、笑顔で流していた。

「ラジオなんで、たくさん毒づいて帰ります」と宣言したあとは、過激発言のオンパレード。
引退の理由とされる、エージェント制への不満については改めて
「仲介者が力を持ちすぎ。
勝ったジョッキーが上手いんじゃなく、馬が強いということ。
今は“馬9・人1”だから、強い馬に乗れば、つかまっていても勝てる」と繰り返した。

さらに
「今、上にいるやつ(リーディング上位ジョッキー)で上手いやつはいない。
岩田、蛯名正義は馬の上で暴れすぎ。
秋山、津村は上手いと思う。
(武)豊さんは天才なのかな?
僕もそんなに変わらないと思う。
ただ飲むとだらしない。
すぐ酔っぱらって、お金も払わずに『オオキニごちそうさん』ですから(笑い)」と続け、
この日行われたマイルCSについても
「相変わらず大手馬主の運動会。
出場してたら?
ポンコツに乗せられて終わっていたでしょう」と皮肉った。

引退のもうひとつの理由も明かし
「昔は馬と騎手がセットでコンビ愛が楽しめたが、今はない。
ゴールドシップの主戦は誰と聞いても誰も答えられない。
オルフェーヴルも日本に戻ったら、また池添が騎乗したけど、僕なら乗らない」とジョッキーの現状を嘆いていた。
すっかり毒に当てられた大田は「とんでもないやつが来たな」と、なかばあきれながらも感心していた。

藤田氏は、今年9月6日の札幌7Rに騎乗後、JRAに騎手免許取り消し願いを提出。
突然の現役引退を表明した。
ホームページ上で、その理由を「エージェント制への不満」と表明していた。
JRA通算1918勝(史上8位)。
1996年のダービー(フサイチコンコルド)を含め、G1は17勝を挙げている。
2004年、2010年に特別模範騎手賞を受賞するなど、フェアーな騎乗を評価される一方で、
歯に衣着せぬ発言でファンから人気を集めた。
2013年に出版した「騎手の一分」はベストセラーとなった。

引退後は、故郷である北海道の札幌市内に、ファンと交流できるカフェバーをオープンさせている。」


さすがは藤田伸二です。

期待を裏切りません。

どこまで表舞台に立てるのかは未知数ですが、
これからもこういった日本競馬界への提言(?)を期待したいですね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック