cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス
11月21日から23日までの3日間、モラージュ菖蒲にて
毎年恒例のイベント「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス」が開催されました。


このイベントについて書かれた記事が『Smartザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

モーニング娘。'15らハロー!プロジェクトのメンバー、モーニング娘。OGが
11月21日、埼玉・久喜のモラージュ菖蒲で行なわれた
「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015with勇気の翼秋フェス」のオープニングセレモニーに出席した。

「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう―」イベントでは、
都市に住む若者たちに農業やアウトドア、
DIY等を通じて地域(里山・里海)での暮らしや余暇の過ごし方を紹介・提案。
協力自治体や協賛企業(団体)の協力の下、トークショーや体験コーナーなどを21日~23日(月)まで開催している。

初日となる21日のオープニングセレモニーには、
飯田圭織、保田圭、矢口真里、吉澤ひとみ、辻希美、モーニング娘。'15、カントリー・ガールズ、大西暁子が登場し、
メンバーそれぞれが各コンテンツについての概要や魅力を説明。
“ももち”ことカントリー・ガールズの嗣永桃子は、
「私たちカントリー・ガールズは、原点でもあるカントリー娘。の半農半芸の精神をしっかり受け継いで、
皆さんに里山・里海の良さを知っていただけるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

また、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんでトークが展開し、
司会の上々軍団・さわやか五郎が「どんな夫婦に憧れる?」と質問。
カントリー・ガールズの森戸知沙希は「毎日、笑顔が絶えない夫婦がいいです」と答え、
ももちから「なんで無難なコメントするの!?」と厳しくツッコまれていた。

ももちのダメ出しで会場が沸く中、'13年に結婚した保田圭は「嫁にいけるだけで十分です」と回答。
ファンから、さらに笑いが起こった。

'15年12月31日(木)をもってモーニング娘。を卒業する鞘師里保にとっては、今回が最後の「SATOYAMA」イベント。
グループの先輩である飯田は、鞘師の卒業に
「若いのに自分で決断をしたということで感心してますし、本当に意志の強さを感じました。
モーニング娘。としての時間を大切に過ごしてもらえたらなと思います」とエールを送った。

オープニングセレモニーの最後は、
鞘師とアンジュルムのリーダー・和田彩花による
“SATOYAMAユニット”ピーベリーの楽曲「キャベツ白書~春編~」を鞘師が1人で歌い、ステージを締めくくった。」


春と秋に開催され、毎年恒例となっているこのイベントですが、
記事からも分かるように今年も盛り上がったようです。

今後も続いていくであろうこのイベントですが、
これからこのイベントの中心になっていくのはやはりカントリー・ガールズなのかもしれませんね。

嗣永桃子(ももち)と里山・里海は何ともミスマッチな感じがしますが、何だか面白そうな組み合わせでもありますね。

注目です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック