cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
プロ野球選手が見る現実―プロ野球選手の契約更改について
この時期のプロ野球界において活発化するのが選手たちの契約更改です。

一年間の活躍について評価され、この交渉の場で来年の自分の年棒が決まるのですから、
プロ野球選手たちにとっては一年間の中でも特に重要な場面であるといえます。


そんな契約更改について『日刊ゲンダイ』が面白い記事を掲載していたので以下で紹介します。

「師走の札幌に札束が乱れ飛んだ。

1日に行われた日本ハムの契約更改。
盗塁王に輝いた中島卓也(24)は倍増となる年俸8000万円、
打率.326(リーグ3位)の近藤健介(22)は3000万円アップの4800万円、
30盗塁(リーグ3位)の西川遥輝(23)は1400万円増となる6200万円で、それぞれ快くハンコを押した。

いずれも高卒でプロ入りした20代前半の若手たち。
同じ年齢でこれだけ稼げる職業など、他にあるかどうか。
さすがプロ野球の世界は違う――と思いたいところだが、
彼らが若くして大金を手にしているのはチーム事情によるところが大きい。

チームの硬直化を嫌う日本ハムは、選手の促成栽培に力を入れている。
エネルギッシュな若手を積極的に起用。
素質ある選手が埋もれそうになれば、ベテランを放出してでも出場機会を与える。
そうやってバリバリの主力に成長したのが中島ら3人なのだ。

高卒2年目にして4000万円アップの年俸6500万円を勝ち取った楽天の松井裕樹(20)も、
他球団ならどうだったか。
抑えに配置転換された今季は球団新記録となる33セーブを挙げたが、
これは守護神不在というチーム事情によるもの。
先発のままならば、制球難に足を引っ張られてロクな成績を残せなかった可能性もあった。

■旧態依然の慣習も横行

逆に戦力過剰のソフトバンクでは、こうはいかない。
大半の若手は一軍の試合に出場する機会すら与えられず、二軍でひたすら「育成」の毎日。
本人は「まだやれる」と思っていても、層の厚い一軍の壁を越えられず、年齢だけを重ねて引退する者も少なくない。

プロ野球が実力至上主義の世界というのは建前。
実力の突出した選手はともかく、大半はチーム事情に左右される。
選手起用はおろか、コーチ人事に至るまで、コネや学閥といった旧態依然とした慣習も横行している。

プロ野球ファンの矢口高雄氏は
「人間の社会ですから、そうした事情があるのも無理はありませんが……」と、こう話す。

「私も漫画家になる前は10年あまり銀行員をしていました。
やはり有名大学を卒業した社員は、タテにもヨコにもつながりが広い。
学閥を非常につくりやすい環境ではありました。
でも、スポーツの世界はそうであってほしくない。
学閥はもちろん、高卒とか大卒とか、そうした区別がない世界だとファンは期待しています。
チャンスは実力のみによって与えられるべきだし、年俸も働きと期待度によって決まるべきでしょう」

日本の野球の競技人口は700万人以上といわれている。
彼らの全員がプロを目指すわけではないにせよ、
育成選手を除いてドラフトで指名されるのは年間100人にも満たない。
東大や一流企業に入るより、はるかに「狭き門」なのだ。

それでいて平均実働年数は短い。
近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科の黒田次郎准教授の論文によれば、
「01~07年に引退した538選手の平均在籍年数は8・5年」。
彼らの生涯賃金は平均して「2億3276万円(推定)」だが、
一部の高年俸選手に引っ張られた数字であることは否定できない。
今季の平均年俸3811万円も、大半の選手はそれ以下ということになる。

スクール東京・最高名誉顧問で組織論が専門の成川豊彦氏が言う。

「2億3276万円という数字は、サラリーマンの生涯賃金とそうは変わらない。
たった数年でそれだけ稼ぐといえば割がいいように思えますが、実際はもっと安い選手の方が圧倒的に多い。
しかも、野球選手は引退後の商売に困るといわれる。
下手をすれば、プロで手にした額イコール人生で稼いだお金ともなりかねない。
そう考えると、彼らの年俸は安い。
これでは夢も希望もありませんよ」

狭き門をくぐり抜け、自分と同じかそれ以上のフィジカルエリートたちと競争をし、
情実や学閥といった理不尽に揉まれた結果がこれでは、到底報われない。
プロ野球選手の年俸をもっと上げてやれという気にもなるのだ。」


プロ野球選手といえば多く男の子たちの夢の職業です。

そんなプロ野球選手たちにとってこの契約更改というのは
悲喜こもごも、様々な思いが交差する、良くも悪くも大切な場であります。

そのような中でこの記事を読むと、
改めてプロ野球選手という職業の特殊さというか、大変さが理解することが出来ます。

契約更改まで至る一年の中で、
ちゃんとチャンスが与えられそして期待に応え活躍する、このことは奇跡のような確率で起きているのです。

建前だけの実力主義、これがまかり通っているような球団には未来はない!と自分は思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック