cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
新たなる砂の王者―史上初、チャンピオンズCを牝馬が制する!!
12月6日、中京競馬場にてG1「チャンピオンズカップ」が行われ、
Mデムーロ騎手騎乗の12番人気のサンビスタが勝利を収めました。

サンビスタは6歳の牝馬で、この「チャンピオンズカップ」を牝馬が制するのはこれが初めてとなります。


このレースのことが『スポニチアネックス』で記事になっていたので以下で紹介します。

「「第16回チャンピオンズカップ」(G1、ダート・1800メートル・曇・良)は6日、
中京競馬場11Rで行われ、
Mデムーロ騎手騎乗の12番人気のサンビスタ(牝6=角居厩舎、父スズカマンボ、母ホワイトカーニバル)が、
優勝した。

牝馬が同レースを制するのは史上初めて。

揃ったスタートからコーリンベリーが先頭をうかがうも、
それをかわして先行していったのは1番人気のコパノリッキー。
クリノスターオー、ガンピットなどがその後ろに続いた。
サンビスタや、連覇のかかる2番人気のホッコータルマエは中団に位置を取り、
3番人気のノンコノユメは後ろから2番目からの競馬となった。

3、4コーナー中間をコパノリッキーが先頭で通過。
ホッコータルマエが2番手まで浮上し、
サンビスタは6番手あたりに位置を取って、レースは直線に入った。

ここまで先行してきたコパノリッキーだが、直線の入り口で後続馬に捕まる。
先頭争いは混戦となり、ゴール手前で馬群の中からサンビスタが突き抜けた。
ノンコノユメが最後に猛追を見せるも届かず。
牝馬のサンビスタが見事にレースを制した。

1馬身1/2差の2着にノンコノユメが入り、
そこから首差の3着にはサウンドトゥルーが入った。」


サンビスタは12番人気だったということで、まさに今回はダークホースの勝利となりました。

今回の人気馬は「フェブラリーステークス」の覇者であるコパノリッキーでしたが、
記事にもあるように、直線の入り口で後続馬に捕まり、結果的には7着に終わりました。

コパノリッキーは昨年の「チャンピオンズカップ」でも敗れており、昨年の雪辱を果たすことはできませんでした。

そのような実力馬でも勝つことの難しいレースを、牝馬ながらに制したサンビスタの力は相当なものだといえます。

しかしながらサンビスタは来年の春に繁殖入りすることが決まっており、
ターフを駆ける姿を見れるのはあと1、2戦のこととなりそうです。

名残惜しい部分はありますが、その新王者の走りをこの目に焼き付けたいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック