cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
香港で輝く日本馬―香港カップでエイシンヒカリが優勝、日本馬ワンツー決着
12月13日、香港・シャティン競馬場にてGI「香港カップ」が行われ、日本のエイシンヒカリが勝利を収めました。

また、2着には同じく日本のヌーヴォレコルトが入りました。


このことを報じる記事が『netkeiba.com』に掲載されていたので以下で紹介します。

「現地時間13日、香港・シャティン競馬場で行われた香港C(3歳上・GI・芝2000m・1着賞金1425万香港$)に、
日本のエイシンヒカリ(牡4、栗東・坂口正則厩舎、武豊騎手)、
ヌーヴォレコルト(牝4、美浦・斎藤誠厩舎、R.ムーア騎手)、
サトノアラジン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎、J.マクドナルド騎手)、
ステファノス(牡4、栗東・藤原英昭厩舎、戸崎圭太騎手)が出走。

レースは、エイシンヒカリが先手を取り、ヌーヴォレコルト・サトノアラジン・ステファノスはいずれも後方に控えた。
直線に入ってエイシンヒカリは力強く後続を突き放し、そのままゴールまで逃げ切って優勝。
2001年のアグネスデジタル以来、14年ぶり4度目の日本馬による本レースVを果たした。

また、2着には内を突いて脚を伸ばしたヌーヴォレコルトが入り、日本勢のワンツーフィニッシュとなった。
3着はブレイジングスピード(セ6、香港・A.クルーズ厩舎)、
ステファノス(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)は10着、
サトノアラジン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は11着だった。
勝ちタイムは2分00秒60。

【日本馬プロフィール】
◆エイシンヒカリ(牡4)
騎手:武豊
厩舎:栗東・坂口正則
父:ディープインパクト
母:キャタリナ
母父:Storm Cat
馬主:栄進堂
生産者:木田牧場
通算成績:11戦9勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2015年毎日王冠(GII)

◆ヌーヴォレコルト(牝4)
騎手:R.ムーア
厩舎:美浦・斎藤誠
父:ハーツクライ
母:オメガスピリット
母父:スピニングワールド
馬主:原禮子
生産者:社台ファーム
通算成績:15戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2014年オークス(GI)

◆サトノアラジン(牡4)
騎手:J.マクドナルド
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:17戦6勝

◆ステファノス(牡4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・藤原英昭
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:15戦4勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年富士S(GIII)」


日本馬がワンツーフィニッシュということで、日本競馬界にとっては非常に気持ちの良い結果となりました。

記事にもあるように、
日本馬が香港カップを制するのは2001年のアグネスデジタル以来、14年ぶりとのことですが、
挑戦している数からいえば、毎年とは言わないまでも2、3年に一度くらいのペースで勝利しておきたい所です。

もちろん難しいことは承知の上ですが、ファンとしてはついつい期待してしまいます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック