cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
球界最高の男―広島カープ・黒田博樹投手、球界最高年俸6億円でサイン
12月17日、広島カープの黒田博樹投手が契約更改を行い、2億円アップの6億円でサインしました。

この6億円という年俸はオリックスの金子投手の5億円プラス出来高を超える額で、
現時点で黒田投手は球界最高年俸プレーヤーとなりました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「広島の黒田博樹投手(40)が17日、
広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、2億増の6億円でサインした(金額は推定)。
14日にオリックスの金子千尋投手(32)が、推定年俸5億円プラス出来高で更改。
黒田は現時点でこれを超え、球界最高年俸者となった。

「サイン?しました。
すごく想像以上に評価をしていただいた。
あとの金額は球団の方に聞いて下さい。
成績だけじゃなく、1年間チームにとってプラスになったというところを、評価していただいた」

今季は右足首痛、右肩痛に悩まされながら、26試合の登板で11勝8敗。防御率2・55の成績。
終盤は中4日登板など、シーズンを通してフル回転した。
オフは現役続行か引退か、去就で熟考した。
先月30日には「燃え尽きた思いもある」とも話していたが、
今月8日に「来年もやります」と球団に伝え、現役続行の意思を固めていた。

「優勝したかったので、そういう意味で無力感はありますけど、これだけ多くの方に声援をしていただいた。
(広島に)帰ってきてよかったと思います」

ポスティングシステムを利用して、エース前田健太投手(27)のメジャー移籍が確実。
名実ともに来季も柱として期待される。
日米通算193勝で、200勝まで残り7勝。
プロ20年目、41歳で迎える2016年シーズンへ
「年齢からいうと来年で41歳になる。
簡単なことではないですが、新しい1年。
プレッシャーもありますけど、やらないといけない気持ちがある。
立場を考えれば、しっかりした成績を残さないといけない。
最高のパフォーマンスをしてチームに貢献したい」と誓いを立てた。

日本球界での歴代最高年俸は佐々木主浩の6億5000万円。
続いて松井秀喜の6億1000万円。
黒田は阿部慎之助(巨人)の6億円に並び、歴代3位タイとなった。

広島はこの日の黒田の契約で、
ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す前田を除く、全選手の契約交渉を終えた。」


黒田投手はつい最近まで現役続行か引退かで悩んでいました。

そのような中で黒田投手は広島の優勝のためにと現役続行を決意。

今回は、その黒田投手の思いに応えようと、球団側も最高の提示をしたわけです。

何ともドラマチックな話です。

来季こそは黒田投手の目指す通り、
広島カープが1991年以来となるリーグ制覇することに期待していきたいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック