cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『THE 有頂天ホテル』 出演:役所広司、松たか子ほか 監督:三谷幸喜



今回は『THE 有頂天ホテル』について書いていきたいと思います。


内容
大晦日。

高級ホテル・アバンティは新年を迎えるカウントダウンイベントを控えて賑わっていた。

歌手に成る事を夢見、このホテルでベルボーイのアルバイトをしていた憲二(香取慎吾)は、
夢を諦めて明日故郷へ帰ろうと決めていた。

客室係のハナ(松たか子)はシングルマザーとして一人息子を育てていたが、
母親としての自覚を未だ持てずにいる。

息子の父親は汚職事件で世間を騒がしている国会議員・武藤田(佐藤浩市)であった。

会社社長の愛人・なおみ(麻生久美子)が宿泊する客室の掃除をしていたハナは、
誰も居ない隙に彼女の高級な毛皮を着て、
子供を産まなければ今頃こんな毛皮を着て良い暮らしをしていたかもしれないと夢想していた。

そこになおみを尋ねて来客があり、ハナは咄嗟になおみのふりをする。

ホテルの副支配人である新堂(役所広司)は
この日たまたまホテルに宿泊していた元妻・由美(原田美枝子)と再会した。

自分も宿泊客であり、
今晩ホテルで行なわれる“ステージマン・オブ・ザ・イヤー”の表彰パーティーに招かれたのだと言ってしまう。

彼はかつて芝居で身を立てる事を夢見ていたが、挫折してホテルマンに成ったのだった。

今でも芝居を続けているとウソをついてしまう。

表彰パーティーが始まり、新堂は受賞者のふりをしてスピーチするが、
“ステージマン”ではなく“スタッグマン”(鹿の交配技師)の表彰パーティーだった。

しかも表彰されるはずだったのは由美の今の旦那であった。

ホテルマンである事を恥じた事に自己嫌悪する新堂。

新堂は由美と相対し、
今はホテルマンとしてがんばっている事を告げ、さっそくやって来た新年最初の客を出迎えに行くのだった。


感想
とにかく面白い作品です。

三谷幸喜監督といえば「グランドホテル形式」の名手として知られますが、
この『THE 有頂天ホテル』は名前からわかるようにこの「グランドホテル形式」が存分に用いられています。

そういった意味で『THE 有頂天ホテル』は三谷作品の極致ともいうべき作品であるわけです。

あと作品を彩る豪華キャスト陣にも大注目です。

『THE 有頂天ホテル』は、老若男女誰が見ても楽しめる作品、
これから迎える年末年末に家族揃って観るのにピッタリな作品だといえます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック