cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
もう一つの金色の輝き―8番人気のゴールドアクターが「有馬記念」を制する!!
12月27日、中山競馬場にて「有馬記念」が行われ、
8番人気のゴールドアクターがサウンズオブアースをクビ差振り切って見事に勝利しました。

ゴールドアクターにとってこれがGI初制覇となります。


このレースのことを伝える記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「27日の中山10Rで行われた
第60回有馬記念(3歳上オープン、GI、芝2500メートル、16頭立て、1着賞金=2億5000万円)は、
吉田隼人騎手騎乗の8番人気ゴールドアクター(牡4歳、美浦・中川公成厩舎)が好位追走から抜け出してV。
人馬ともにGI初制覇を果たした。
タイムは2分33秒0(良)。

ゴールドはゴールドでも、違うゴールドが頂点に立った。
連勝の勢いに乗って挑んだゴールドアクターが大金星のグランプリ制覇。
8番人気の伏兵が大仕事をやってのけた。
馬だけでなく、吉田隼人騎手、中川公成調教師いずれもGI初制覇という快挙だ。

レースは、スタート直後こそゴールドアクターがダッシュ良く前に出たが、
これをかわしてキタサンブラックが先行策。
リアファルが2番手につけ、さらにゴールドアクター、サウンズオブアース、マリアライトが好位に続く。
人気のゴールドシップはスタートを五分に出たものの、最後方からの競馬。
しかし、向こう正面からゴールドシップは一気に押し上げて、好位まで進出する。
直線入り口でも前を射程圏にとらえたかと思われたが、直線ではひと伸びを欠いた。
先頭争いは、粘るキタサンブラックに好位からゴールドアクターとサウンズオブアースが襲いかかる形。
最後はゴールドアクターがねじ伏せるように押し切って、サウンズオブアースをクビ差振り切ってV。
吉田隼人騎手は左手の人差し指を高く掲げて、歓喜を表した。
2着が5番人気のサウンズオブアース。
さらに3/4馬身差の3着が4番人気のキタサンブラックだった。

ゴールドアクターは、父スクリーンヒーロー、母ヘイロンシン、母の父キョウワアリシバという血統。
北海道新冠町・北勝ファームの生産馬で、居城要氏の所有馬。
通算成績は13戦7勝。
重賞はGIIアルゼンチン共和国杯に次いで2勝目。
中川公成調教師、吉田隼人騎手ともに有馬記念は初勝利。

デビュー12年目でGI初制覇を果たした吉田隼騎手は
「スタンドを見てもいっぱい(12万人以上のファンが)入っているので、楽しく乗ろうと思っていました。
イメージ通り、うまくいきました。
まだ実感はわきません。
この馬と中山の競馬に乗るのは初めてでしたが、いいイメージがあって、コース相性もいいと思っていました。
結果を出すことができてよかったです。
真ん中より内枠を引けて、いいイメージを描けていました。
(直線は)有力馬にかぶされて、
強い馬が前にいるイメージだったのですが、あのタイミングで抜け出してしまったので…。
何とかしのいでくれと思っていました。
いいときに乗せてもらえて、使うたびに成長しているので、乗っていて安心します。
競馬が上手なので、僕が邪魔な動きさえしなければ、これだけのパフォーマンスができる馬です。
GIジョッキーになりたくてこの業界に入ったので、
(GIの舞台から)遠ざかっていたときにはモチベーションが下がったこともありましたが、
くじけずにやっていればいいことがあると思いました。これからも頑張ります」と喜びに浸っていた。」


ゴールドはゴールドでもゴールドアクターが今年の「有馬記念」を制しました。

ゴールドシップにとっては残念でしたが、これもまたゴールドシップらしい最後だといえるのかもしれません。

ゴールドアクターの今後に期待です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック