cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『歴史を動かした哲学者たち』 堀川哲



今回は堀川哲著『歴史を動かした哲学者たち』について書いていきたいと思います。


内容
ヨーロッパ列強諸国による世界進出と対立、
各地で起こった革命と資本主義の生成―加速する時代の中で、
哲学者たちはいかに難局を乗りこえ、
どのような世界をめざしたのか。

デカルト、
カント、
ヘーゲル、
マルクスほか、
17世紀から19世紀を代表する11人の思想をわかりやすく紹介。

近代哲学の本質を読みときながら、
世界の歴史も同時にわかる!

哲学者たちのキャリア・マップや著作案内も付いたまったく新しい哲学入門。


感想
「哲学って難しそう」、このようなイメージを抱いている人たちは多いんじゃないかと思います。

実際に有名な哲学者の著した哲学書を開いてみれば、
専門用語が羅列されており、哲学の世界に通じていなければ理解することのできない文章が並んでいるのです。

ゆえに多くの人は哲学とは私には関係のないものと思ってしまうわけです。

でも哲学に全く興味がないという人は少ないと思います。

だからこそ今必要とされているのは、人々にわかりやすく哲学を伝える解説書です。

そしてこの『歴史を動かした哲学者たち』はそれに適した格好の解説書だといえます。

この本に登場するのは、
デカルト、
カント、
ヘーゲル、
マルクスなど、
学校の授業で習ったような有名どころが中心で、その哲学者たちの考えがわかりやすく解説されています。

もちろんこれでその哲学者の考えを全て網羅するというわけにはいきませんが、
この本を読むこと哲学を全く知らないという状態からは脱することが出来るでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック