cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
アンジュルムが武道館公演を含む春ツアーを行うことを発表!!
1月2日に行われた「Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING! SINGING! EXCITING!~」の中で、
アンジュルムが5月にコンサートツアーを行い、ツアーファイナルを日本武道館で行うと発表しました。


そのことを報じる記事が『音楽ナタリー』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトによる恒例の新年コンサートツアー
「Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING! SINGING! EXCITING!~」が、
昨日1月2日に東京・中野サンプラザホールにて幕を開けた。

今年の「ハロコン」には℃-ute、モーニング娘。'16、アンジュルム、Juice=Juice、
カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、ハロプロ研修生の総勢64名が集結。
各グループの単独パフォーマンスのみならず、
このツアーのみのコラボレーションユニットや64名全員でのパフォーマンスまで、合計31曲が披露された。

オープニングは全出演者による「負けるな わっしょい!」から華々しくスタートした。
64名全員がステージにずらりと並び、MCまこと(シャ乱Q)の合図でまずは新年の挨拶。
続いて各グループが1曲ずつオリジナルナンバーを歌い、
Juice=Juiceは主演ドラマ「武道館」で演じるアイドルユニット・NEXT YOU名義のナンバー「Next is you!」、
カントリー・ガールズは3月9日発売のニューシングル「ブギウギLOVE」と未発売の楽曲を披露した。

トークコーナー「ハロプロなう」では嗣永桃子(カントリー・ガールズ)がサポートMCを務め、
家族にまつわるエピソードなどなごやかなトークを展開。
続くコラボコーナーでは各グループからの選抜メンバーによるユニットが、
エレジーズ「印象派 ルノアールのように」や
GAM「Thanks!」といった懐かしいハロプロ楽曲を含むスペシャルなパフォーマンスを繰り広げる。
さらにこぶしファクトリーとつばきファクトリーによるBerryz工房の「cha cha SING」、
Juice=Juiceとカントリー・ガールズによる℃-uteの「悲しき雨降り」、
アンジュルムによるこぶしファクトリー「念には念」、
モーニング娘。'16によるスマイレージ(現:アンジュルム)「ミステリーナイト!」、
℃-uteによるモーニング娘。'16「泣いちゃうかも」と各グループの楽曲シャッフルも披露され、
イントロが鳴りメンバーが並ぶたびに大きな歓声が上がった。

コラボのあとのMCコーナーでは、まことと野村みな美(こぶしファクトリー)がステージへ。
野村は2016年の目標を聞かれると
「お菓子作りをもっと充実させたい」
「つんく♂さんから『私服が白黒でシンプルすぎる』と言われたので私服センスを磨いていきたい」と答えた。
2人のトークを挟み、ライブは終盤戦。
Juice=Juiceは新曲「カラダだけが大人になったんじゃない」と
太陽とシスコムーン「Magic of Love」のリメイクバージョンで場内を沸かせ、
こぶしファクトリーは2月17日にシングルリリースされる
KANのカバー「桜ナイトフィーバー」をハロプロ研修生をバックに歌い上げる。
モーニング娘。'16は12月29日に発売されたばかりの最新シングルから
「One and Only」「ENDRESS SKY」の2曲を披露し、
最後は℃-uteがハロプロ研修生をバックに、
最新アルバム「℃maj9」からのナンバー「アイアンハート」を熱唱。
その後ステージには64名全員が再度集合し、
ハロプログループの間で長年歌い継がれる楽曲
「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」でにぎやかにフィニッシュを迎えた。

また昨日のコンサートでは、モーニング娘。'16が13期メンバー募集オーディションを開催することと、
アンジュルムが5月にコンサートツアー「九位一体」を行うことが発表された。
なおアンジュルムのツアーファイナルは5月30日の東京・日本武道館公演で、
この公演をもってメンバー田村芽実はグループを卒業する。」


記事にもあるように、この日本武道館公演が田村芽実(めいめい)にとって最後の舞台となります。

日本武道館という最高の舞台でめいめいがどのような最後を見せてくれるのか、
まだまだ先のことにはなりますが、今から楽しみです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック