cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ハロ!ステ』 #151(MC:中西香菜&小関舞)
『ハロ!ステ』の♯151が1月13日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
アンジュルムの中西香菜(かななん)と、カントリー・ガールズの小関舞(おぜこ)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

Juice=Juice「カラダだけが大人になったんじゃない」(ハロ!ステ Edit.)

モーニング娘。'15 鞘師里保卒業セレモニー(中野サンプラザ)

モーニング娘。'15「ENDLESS SKY」(中野サンプラザ)

小田さくら・小川麗奈「四字熟語」

Buono!「恋愛♥ライダー」(中野サンプラザ)

Buono!「-Winter Story-」(中野サンプラザ)

野村みな美ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
Juice=Juiceの新曲「カラダだけが大人になったんじゃない」のMV(ハロ!ステ Edit.)が公開されました。

Juice=Juiceといえば主演ドラマ『武道館』が2月6日からスタートします。


ハロコンでのJuice=Juiceの模様を伝えた記事が『週刊SPA!』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトの新春恒例コンサートツアー
「Hello! Project 2016 WINTER ~DANCING!SINGING!EXCITING!~」が1月2日、
東京・中野サンプラザにて開幕した。
今年も“聖地”中野をはじめ、愛知、大阪、福岡、宮城、広島、
そして北海道と日本全国の各都市を回る予定だ。

2016年現在、ハロー!プロジェクトに所属しているモーニング娘。’16、
℃-ute、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、
ハロプロ研修生から総勢64名が「ハロコン」に出演し、華々しいステージで魅せる。
各グループの楽曲披露だけでなく、
ハロコンならではのコラボや、迫力のパフォーマンスが楽しめることも魅力のひとつだ。

新年のオープニングは全員での『負けるな わっしょい!』からスタート。
そして出演メンバーが舞台にずらりと並び、まずは新年の挨拶へ。
続いて各グループがオリジナル楽曲を披露し、Juice=Juiceは
朝井リョウ原作の主演ドラマ「武道館」(フジテレビ系)で演じるNEXT YOU名義の『Next is you!』を歌い上げた。

昨年5月には、中野サンプラザでの初単独公演を成功させたJuice=Juice。
その日のライブでは、金澤朋子がグループの新たな目標として2016年の日本武道館公演を宣言。
それまでには全国220公演が予定され、リーダーの宮崎由加は
「決めたことは最後までこの5人で成し遂げたい」と語っていた。
着実に成長を遂げる彼女たちのドラマがノンフィクションとなる日は近いだろう。

MCでは、抜群のトークセンスを持つ“ももち”こと嗣永桃子がサポートを務め、
家族とのエピソードなど和やかな雰囲気でトークを展開。
コラボコーナーでは、
各グループの選抜によるユニットがGAM『Thanks!』など往年のハロプロ楽曲でステージを盛り上げる。
そして楽曲シャッフルでのパフォーマンスも披露され、
イントロが聞こえるや会場からは大歓声が上がっていた。

そしてモーニング娘。’16は鞘師里保のラストシングルから『One and Only』『ENDRESS SKY』の2曲を、
℃-uteは最新アルバム「℃maj9」から『アイアンハート』を披露。
最後は全員で『ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!』を歌い、コンサートは幕を閉じた。
この日は、アンジュルムのコンサートツアー「九位一体」の開催が発表され、
5月30日ファイナルの日本武道館で田村芽実が卒業する。

また、モーニング娘。’16が13期メンバー募集の
「モーニング娘。’16 『新世紀』オーディション」を2014年以来のおよそ2年ぶりに開催することを発表。
リーダーの譜久村聖は
「新世紀ということで、野中より英語がうまい子が入るかもしれないし、
生田よりアクロバットがうまい子が入るかもしれないし、
工藤よりイケメンが入るかもしれないし」とオーディションに期待を寄せていた。

12/29・1/5合併号のSPA!のインタビューで
「ダンスの幅を広げたい。自分の可能性を信じてみたい」という言葉を残し、
昨年末にモーニング娘。から卒業していった鞘師里保。
道重さゆみ、鞘師に続くスター的存在は誕生するのか?
フレッシュなメンバーの活躍が目立つ2016年もハロプロから目が離せない。」


昨年は初めてオリコン週間シングルチャート1位を獲得するなど活躍を見せたJuice=Juiceですが、
今年はJuice=Juiceにとって更なる飛躍の年になるではないでしょうか。

そのキッカケとなるのは間違いなくこのドラマだと思います。

放送開始まであとひと月を切りました。

楽しみです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック