cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
謝罪の裏にあるもの―SMAPが生放送にて解散騒動について謝罪
1月18日放送の『SMAP×SMAP』にてSMAPが一連の解散騒動について謝罪しました。

この日の『SMAP×SMAP』は急遽一部内容が変更され、
番組冒頭が生放送となり、そこにSMAPメンバーが登場し謝罪したわけです。

木村拓哉さんが中心となり、
メンバー一人ひとりが謝罪の弁を述べていきました。

その謝罪の弁で分かったことは、
木村さんのセッティングのもとでジャニー社長に謝罪をしていたということです。

今回の騒動というのは、言ってしまえば事務所の内紛に伴ったものです。

一つの芸能事務所の内紛と考えると小さいですが、
やはりジャニーズ事務所、そしてSMAPという存在は大きく、
今回の解散騒動は大きくなってしまいました。

特に業界のルール的なところで言えば、
事務所の以降に反して独立しようとする者に対しては厳しいところがあります。

そういったところで言えば、
連日の報道の中で独立を謀ったSMAPメンバーがどんどん悪者になっていったように思います。

これに対して自分は連日、違和感のようなものを感じていました。

本当にSMAPメンバーが悪いのかな?って。

ただ業界のルール的なところで言えば、しょうがない部分もあるのかなとも思います。

今回の謝罪で一応の今後の進み方というべきか、
進むべき道筋は決まったと言えるでしょう。

まだまだ違和感は残りますが、
たぶんSMAPは解散しないという事実だけは間違いなく救いです。

これからもSMAPを応援していたい!

これがファンの素直な気持ちでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック