cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
キング牧師(1929年~1968年)の名言
「疑わずに最初の一段を登りなさい。
階段のすべて見えなくてもいい。
とにかく最初の一歩を踏み出すのです。」



これはキング牧師の名言です。

キング牧師は、アメリカの公民権運動の指導者であり、
ノーベル平和賞の受賞者であります。

幼き日に受けた黒人に対する差別、
これがきっかけとなって彼は公民権運動の道へと進んでいくこととなります。

彼の運動の一つの特徴があります。

それが非暴力です。

黒人差別をなくすための公民権運動の中には、
暴力的と言えるような、力に任せた運動もやはりあったわけです。

そういった中でキング牧師は、
インドの独立の父であるガンジーに影響を受け、
一切抵抗をしない非暴力を貫き通しました。

この姿勢が本当に素晴らしいのです。

暴力によって抵抗すればまた新たなる暴力を生み、
黒人=暴力的というイメージが付き、
黒人に対する差別意識が白人の中から消えることがなくなる、
そういう流れが生まれることは十分に考えられるわけです。

そういった点でキング牧師は本当に高尚な人だったわけです。

だからといってキング牧師の運動が順調なものだったかといえば、
やはりそう上手くはいかなく、本当に苦難の連続でした。

それだけ白人の黒人に対する差別意識は根強かったわけです。

そんな状況を打開すべく、
彼は自身が言うように最初の一段を登り始めたのです。

大変なこと、苦難なことを打開しようとした時、階段の全容=結果は見えません。

だから一段を登り始めることが怖くなります。

しかし登り始めなければなにも変わらないのです。

これは全てにおいて言えることでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック