cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年~1519年)の名言
「シンプルさは究極の洗練である。」


これはレオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。

レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、
イタリアのルネサンス期を代表する芸術家として知られます。

彼の作品『モナ・リザ』は世界で最も有名な絵画といっても過言ではないでしょう。

また彼は芸術家としての顔の他にも多くの顔を持っています。

ゆえに彼は人類史上最も多才な人物とさえ言われています。

じゃあどれぐらい多才だったのかというと、
科学的創造力の面でも才能を発揮し、
ヘリコプターや戦車の概念化、
太陽エネルギーや計算機の理論なども理解し、
また、解剖学、土木工学、光学、流体力学の分野でも重要な発見をした、という感じです。

ちょっと人間離れしています。

そんな彼の名言を見てみると、そこにはシンプルさの素晴らしさが説かれています。

彼の描いたものや考えたことは一見すれば複雑です。

しかし彼自身は実にシンプルに物事を考えているのです。

だからこそ多くの人の心を掴むことが出来るわけです。

人間は良きものを考えようとすると、
深く悩み、その思考はどんどんと複雑なものになっていきます。

しかしそんな複雑な思考によって生み出されたものは見る者の思考も複雑化させ、
結果的には多くの人の心を捕らえがたくなるのです。

つまりは、良きものを生み出そうとすればするほどに、
思考やその作品はシンプルであるべきだと言えるわけです。

これは芸術や科学の世界だけでなく全てのことに言えることでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック