cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
織田信長(1534年~1582年)の名言
「生まれながらに才能のある者は、
それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。
しかし、生まれつきの才能がない者は、
何とか技術を身につけようと日々努力する。
心構えがまるで違う。
これが大事だ。」



これは織田信長の名言です。

織田信長といえば戦国時代を代表する武将であります。

天下統一を目指し、その一歩手前まで行った時にこの世を去りました。

これが有名な「本能寺の変」です。

自身の家来であった明智光秀によって彼は命を追われたわけです、
じゃあなぜそのようなことになったかというと、
そこには彼が有能すぎたという事実があったわけです。

織田信長という人は実に人間的魅力に溢れた人でした。

それは『信長協奏曲』や『信長の野望』など、
映画やゲームの題材によく使われることからも分かります。

じゃあなぜ魅力的だったのかというと、
全く身分にこだわらず、豊臣秀吉に代表されるように有能な部下は出世させる、
これを戦国時代に実行していたからです。

このように有能な人は簡単に出世させたわけですが、
そのぶん彼は部下に対して厳しい人でもありました。

結局はその厳しさが原因となって明智光秀の怒りを買ってしまったわけです。

じゃあ彼のやり方が間違っていたのかというと、そんな事はありません。

名言にある通り、彼の人を見る基準は決まっており、
その基準は決して間違ってはいませんでした。

その証拠に秀吉が信長の意思を継いで天下統一を果たしたのです。

このやり方や人を見る基準は今でも変わっていないはずです。

私たちも参考にしなければならないでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック