cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『モテキ』 出演:森山未來、長澤まさみほか 監督:大根仁



今回は『モテキ』について書いていきたいと思います。


内容
藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。

派遣社員を卒業し、
ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、
プライベート(=恋愛)の方はまるで充実しないまま。

新しい出会いも無く、恋する事も忘れ、ロンリーな日々を送っていたが…

ある日突然、異性にモテまくる奇跡のシーズン「モテキ」が訪れた!

趣味が合い見た目もど真ん中タイプなのだが彼氏持ちの雑誌編集者・みゆき。

みゆきの親友で清楚な美形OL・るみ子。

ガールズ・バーのハデかわ嬢・愛。

クールビューティな先輩社員・素子。

まったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。

「こんなのはじめてだ…
今まで出会った女の子と全然違う…
冷静になれっ! …
期待しちゃダメだぁ…」

めくるめくモテキと4人の美女に翻弄されながら、
幸世は本当の恋愛(含むセックス)にたどりつけるのか??


感想
自分はドラマ版『モテキ』が好きで毎週観ていました。

この作品はそんな『モテキ』の映画版で、ドラマ版のその後の世界が描かれています。

相も変わらずが幸世の童貞っぷりは笑いを誘います。

彼の中にある童貞特有ともいうべき思考はまさにこじらせで、
なかなか女性には理解できないものだと思います。

しかしながら『モテキ』の原作者・久保ミツロウ先生は女性でいらっしゃいます。

そのことにはいつも驚かされます。

そんな久保先生が生み出した最強のダメキャラ・幸世ですが、この映画のラストでは男を(?)見せます。

やっぱり一番好きな人に向かっていかなきゃダメなんだよなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック