cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
パブロ・ピカソ(1881年~1973年)の名言
「誰もが芸術を理解しようとする。
ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。
人が、夜や花を、そして自分を取り巻く全てのものを、
理解しようとしないで愛せるのはなぜだろうか。
なぜか芸術に限って、人は理解したがるのだ。」



これはパブロ・ピカソの名言です。

ピカソといえば世界的な画家として知られます。

その独特な作風は世界の芸術界に多大なる影響を与えました。

ピカソといえば「キュビニズム」と呼ばれる作風が有名ですが、
それ以外にも様々な作風に挑戦した画家でもありました。

むしろ「キュビニズム」は中途でたどり着いた作風であり、
それ以前に様々な作風を経ていて、
さらにはその後にも様々な作風に移り変わっていったのです。

つまりピカソは作風が目まぐるしく変化する画家だったわけです。

それはひとつの表現、ひとつの描き方にとらわれないということでもありました。

これはピカソという人が自由な人であったということにも共通しているのかもしれません。

生涯に2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を作ったというのですから
かなり自由な人であったと言えるでしょう。

そんな自由の人・ピカソの考え方がよく表されたのがこの名言です。

彼は芸術を自由なものと捉えていました。

だから芸術に、意味を求めること、意味を求められることを嫌ったのです。

芸術は理解しなくていいのだ!感じればいいのだ!

これがピカソの思いだったわけです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック