cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)の名言
「人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、
心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。
人生の行路もこれと同様で、
人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。」



これはウィリアム・シェイクスピアの名言です。

シェイクスピアといえば世界の歴史に残る偉大なる劇作家です。

四大悲劇と呼ばれる「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、
「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」など、
彼は数多くの傑作を世に残しました。

じゃあ彼の何が凄かったのかというと、
それは人間描写が圧倒的に優れていたことにあります。

悲劇も喜劇も人間を知らなければ描くことはできません。

人の心を動かすよう傑作を生み出すとなると、
より人間を知るということが重要になるわけです。

そういった点でシェイクスピアは人間通でありました。

それはこの名言からも読み取ることができます。

人間は辛い辛いと思い詰めていると余計辛くなります。

しかし楽しいと思って心が浮き上がっている時は全てが楽しく思えるのです。

これは誰もが共感できることでしょう。

当たり前のことなのかもしれませんが、
この名言にあることを心にとめて生活をしていけば、
より良き生活、より良き人生を過ごしていくことができるはずです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック