cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ハロ!ステ』 #158(MC:金澤朋子&山木梨沙)
『ハロ!ステ』の♯158が3月2日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
Juice=Juiceの金澤朋子(かなとも)と、カントリー・ガールズの山木梨沙(梨沙ちゃん)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

カントリー・ガールズ「ランラルン~あなたに夢中~」(ハロ!ステ Edit.)

カントリー・ガールズ「ブギウギLOVE」(ららぽーとTOKYO-BAY)

こぶしファクトリー「押忍!こぶし魂」(CLUB CITTA')

モーニング娘。'16の英語のお時間

演劇女子部 顔合わせ・読み合わせ

新沼希空ヘアアレンジ


今回の『ハロ!ステ』では、
「モーニング娘。'16の英語のお時間」という新企画がスタートしました。

「モーニング娘。'16の英語のお時間」とは、
メンバーの英語力アップを目指して、クイズ形式で一緒に英語を学ぼうという企画です。

モーニング娘。'16と英語といえば、
2014年以来となる海外公演を2月27日にアメリカにて行ったばかりです。

ということでかなりホットな話題でもあります。


そんなアメリカでの公演の模様を伝える『CDジャーナル』の記事は以下の通りです。

「昨年リリースされた目下
最新シングル「冷たい風と片思い / ENDLESS SKY / One and Only」が好評となっているモーニング娘。'16が
2月27日(現地時間)、テキサス・ヒューストンにて開催された
アニメ、マンガ、コスプレ、ビデオゲーム、音楽、ファッションといった
日本のカルチャーを紹介するコンベンション〈Anime Matsuri〉のメイン・イベントとして
2014年の米NY公演以来となる海外公演を行いました。

初開催から10年目を迎えた〈Anime Matsuri〉は今年、2月26日から28日まで開催され、3万人以上を動員。
10周年アニヴァーサリーのスペシャル・ゲストとして招かれたモーニング娘。'16は
ライヴ・パフォーマンスに加え、初日オープニング・セレモニーへの参加、
トークイベント、サイン会、現地メディアの取材などを3日間に亘り精力的にこなしました。

今回のライヴ・パフォーマンスは、譜久村 聖がリーダーとなってからは初の海外公演、
鞘師里保卒業後としては初の12人での単独コンサート。
歌割りの大幅変更を経ての長時間パフォーマンス、
左足の負傷により野中美希がフォーメーションに加われない状況、15時間の時差など、
数々のハンディを背負いながらも、
サイン会や取材の合間を縫って練習や確認を行いながら本番に挑んだモーニング娘。'16。
会場には現地のみならず世界中から集結したファンに加え、〈Anime Matsuri〉というイベントの性格上、
モーニング娘。'16初体験のオーディエンスも多数参加し、会場となった
「George R. Brown Convention Center」のエキシビション・ホールは大入りに。
パフォーマンスはもちろんのこと、英語での自己紹介や
日本語のレクチャーなども好評となり、喝采を浴びました。
現地のファンのひとりは「またアメリカに来てくれたことも本当にうれしいが、
これを機に同じ趣味を持つ仲間・同じ思いを共有できる人と
再会し集まる機会を作ってくれたことに本当に感謝しています」とライヴ後の感想を述べています。」


記事にあるように今回も現地のファンから大歓声を浴びたようですが、
モーニング娘。はもっと海外での人気を獲得する可能性を秘めているといえます。

それにあたって英語を知っておくことは重要なことであります。

その点でもこの新企画はかなりタメになるんじゃないでしょうか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック