cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
再びハリウッドに現る―ビートたけし、ハリウッド版『攻殻機動隊』に出演決定!
人気コミック『攻殻機動隊』の実写映画がハリウッドにて製作中なのですが、
この映画にビートたけしさんが出演することが決定したそうです。

たけしさんがハリウッド映画に出演するのは、キアヌ・リーヴスと共演した『JM』以来となります。


このことを報じる記事が『シネマトゥデイ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「お笑いタレントで俳優のビートたけしが、スカーレット・ヨハンソン主演で
制作が進行中のハリウッド版「攻殻機動隊」に出演することが明らかになった。
たけしのハリウッド映画出演は、1995年のキアヌ・リーヴスとの共演作『JM』以来となる。

原作は、アニメ化もされた士郎正宗の人気SFコミック。
近未来を舞台に、サイバー犯罪やテロリズムの捜査など多岐にわたる任務を極秘裏に遂行する、
内務省公安9課(通称:攻殻機動隊)を率いるヒロイン・草薙素子とメンバーたちの活躍を描く。

たけしは、公安9課の創設者にして課長の荒巻大輔役で出演。
「個人的にアニメや漫画のファンという訳ではない」としながらも、
「自分が演じる荒巻という役は独特な存在感を放つ魅力的な人物であり、
登場人物の人間模様を中心に様々なエピソードがちりばめられ、
自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、
面白いなと思い出演することにしました。
どんな作品になるか、自分も楽しみにしています」と語っている。

メガホンを取るのは『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督。
『スパイダーマン』シリーズの
アヴィ・アラッドやアリ・アラッドとスティーヴン・ポールがプロデューサーに名を連ね、
製作総指揮はアニメ版「攻殻機動隊」を手掛けた Production I.G の石川光久をはじめ、
藤村哲也、マイケル・コスティガン、ジェフリー・シルヴァーが担当。
2017年3月31日に全米公開され、全世界配給も予定されている。」


正直言って『攻殻機動隊』の実写映画には興味がなかったのですが、
たけしさんが出演すると聞いてから興味が沸いてきましたね(笑)

たけしさんにとっては1995年公開の『JM』以来のハリウッド映画出演となります。

映画ファンの間であまり評価が高くなかった『JM』と比べて、
この『攻殻機動隊』が映画ファンからどのような評価を得るかに注目が集まるところでもあります。

来年の公開が楽しみです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック