cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
16年ぶりの女性騎手誕生!―藤田菜七子騎手のJRAデビュー戦は2着
久しぶりの女性騎手ということで注目を浴びている藤田菜七子騎手が5日、JRAデビューを果たしました。

ネイチャーポイントに騎乗し、2着に入線する善戦を見せました。


このことについて書かれた記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「藤田菜七子騎手(18歳)=美浦・根本康広厩舎所属=が
3月5日の中山競馬で中央デビューを果たした。
2R(3歳未勝利、ダート1200メートル)で
自厩舎のネイチャーポイント(3番人気)に騎乗し、3/4馬身差の2着に入線。
好スタートを切ったが、激しい先行争いを避けるように一旦好位に控えると、
直線は外に持ち出して力強く伸び、
詰めかけたファンからの大声援を受けて大いに見せ場を作っての2着だった。
JRAの女性騎手としては7人目のデビューとなったが、
初騎乗での2着は増沢(旧姓牧原)由貴子騎手の4着を上回る最高着順。

この日は開門前に1526人(前年比150.9%)が行列を作るフィーバーぶりで、
取材メディアも35社、220名におよんだ。
また、中山2Rの売り上げは、前年同日の同レースより32.3%も多い5億3947万4700円。
“菜七子効果”は売り上げにも大きく寄与した形だ。

6日は中山で2鞍(2R=(8)ホシノブーケ、12R=(6)スワンボート)に騎乗する。

◆藤田菜七子騎手
「とりあえず無事に終わってホッとしています。
反省点がたくさんあるのでしっかり気をつけて乗っていきたいと思います。
馬の状態も良くて、馬が頑張ってくれました。
乗せていただいた井上(修一)オーナー、根本先生、厩舎スタッフの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、ファンの皆さまの声援に応えられるよう頑張ります」」


この日の夜のニュースで大きく取り上げられるなど、早速「菜七子フィーバー」が起きていますね。

JRAの女性騎手は1996年に、牧原由貴子さん、田村真来さん、細江純子さんがデビューしたのが最初です。

しかしながらJRA所属の女性騎手は牧原由貴子さんが2013年に引退して以来いなかったため、
藤田騎手が約3年ぶりに女性騎手としてJRAに所属することとなったわけです。

JRAでの女性騎手の誕生としては16年ぶりだそうです。

なので盛り上がるわけです。

盛り上がることは良いことですので、
あとは結果が伴ってさらに競馬界を盛り上げていってもらえればと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック