cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
名馬の死―91年「宝塚記念」優勝馬のメジロライアンが死去
3月17日、1991年の「宝塚記念」の優勝馬であるメジロライアンが死亡しました。

年齢は29で、死亡理由は老衰だったそうです。


このことについて書かれた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「91年の宝塚記念などを制したメジロライアン(牡)が17日朝、
けい養されていた北海道洞爺湖町のレイクヴィラファームで老衰のため死亡した。29歳だった。

89年にデビュー。
3連勝で翌年の弥生賞を制し、クラシック候補となったが、
皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞3着と結局、3歳時は無冠に。
その年末の有馬記念では競馬史に残る有終Vを飾ったオグリキャップの2着に奮闘するなどしたが、
なかなかG1に手が届かなかった。

91年の宝塚記念で同世代のライバルだったメジロマックイーンを押さえて念願のG1初勝利。
その後は脚部不安に悩まされ、92年の日経賞制覇後に屈腱炎を再発し、現役を引退した。
通算成績は19戦7勝(うちG1の1勝を含む、重賞4勝)。

種牡馬としてもG1で5勝を挙げたメジロドーベル、
98年の天皇賞・春を制したメジロブライトなどを輩出した。
現役引退後、何度も函館競馬場のイベントに登場。
パドックで勇姿を披露するだけでなく、
現役時代に主戦を務めた横山典弘騎手を背に馬場をキャンターで駆け抜けるなど
ファンに健在ぶりをアピールしていた。

レイクヴィラファームの岩崎義久氏
「現役時代から多くのファンに応援していただきありがとうございました。
種牡馬を引退し、
こちらに移動してからも多くのファンが毎年会いに来てくださいましたので残念でなりません。
応援してくださった方々に、この場を借りてお礼申し上げます」」


メジロライアンは、G1は1勝しかしなかった馬ですが、それ以上のインパクトを残した馬でした。

それは、
現役時代に自信が名勝負を繰り返したおかげでもあり、
引退後に子供たちが活躍したおかげでもあります。

そんな名馬・メジロライアンの死は多くの競馬ファンにとって残念なものだったと言えるでしょう。

今はただ安らかに。合掌。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック