cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
無意味な闘争―モロッコで味方サポーター同士が試合後に衝突
モロッコでとんでもない騒ぎが起きました。

サッカーモロッコ1部リーグの試合終了後に、
ラジャ・カサブランカというチームのサポーター同士が乱闘騒ぎを起こし、
2人が死亡、54人が負傷したのです。

この乱闘騒ぎの原因は分かっていないそうです。


このことについて書かれた記事が『AFP=時事』に掲載されていたので以下で紹介します。

「19日に行われたサッカーモロッコ1部リーグの試合で、
ラジャ・カサブランカ(Raja Casablanca)のサポーター同士による乱闘騒ぎが発生し、
2人が死亡、54人が負傷した。

同国最大の都市カサブランカ(Casablanca)に本拠地を置くラジャ・カサブランカは、
ホームスタジアムのスタッド・モハメド・サンク(Stade Mohamed V)で行われた
CRアル・ホセイマ(Chabab Rif Al Hoceima)戦に2-1で勝利した。
しかしながらその後、サポーター同士による乱闘が発生。
サポーターは発炎筒を投げたり、スタジアムの一部を破壊したりした。

同国メディアの報じた映像には、
ラジャ・カサブランカのクラブカラーの緑に身を包んだサポーターが、
互いに押し寄せ合う様子が映し出されている。
衝突の原因は不明となっている。

モロッコ当局の声明によると、試合後に「破壊行為」により31人が逮捕された。
また試合開始前にも同様の理由で10人が逮捕されている。
また検察はこのファン同士のトラブルについて、捜査を始めている。

これを受けて王立モロッコサッカー連盟(FRMF)の規律委員会は、
ラジャ・カサブランカに対して罰金10万モロッコ・ディルハム(約115万円)および、
今後の5試合を無観客で行うよう処分を下した。
また同クラブは、スタジアムの破壊行為による補償を迫られる可能性もある。」


スポーツは人を熱くさせます。

だからと言って、その興奮を暴力という行動に移し替えてはいけません。

ましてや人を死なせてしまうなんて論外です。

同じチームを好きな者同士、仲良していただきたいものです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック