cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
存在する意味を問う―北海道新幹線の開業から1週間、目立つ空席
北海道新幹線の開業から1週間が経ちました。

各メディアで取り上げられるなど、かなり注目度が高かったわけですが、
開業後の乗車率はかなりの苦戦を強いられているようであります。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「3月26日の北海道新幹線(新青森-新函館北斗)開業から、2日で1週間。
新設の新幹線駅や観光施設は地元客や観光客でにぎわう一方、
運行される新幹線は平日には空席も目立つ。
今後は開業効果をいかに持続させ、乗客増に結びつけるかが課題となりそうだ。

新函館北斗駅(北海道北斗市)の駅前広場で
開業日から31日まであったイベントには15万6000人が来場。
駅の案内所やアンテナショップには1日までに約2万人が訪れた。
地元住民に加え道外のツアー客も多く、北斗市観光協会の担当者は
「昨年まで何もなかった場所にこんなに人が来るなんて。開業効果が出ている」と喜ぶ。

夜景観光などで利用される函館市の函館山ロープウェイは26~31日、
前年同期比9%増の4万3643人が乗車。
桜の名所・五稜郭公園内の五稜郭タワーは、
開業後の利用者が31日までに前年同期比で約13%増えた。
ただ30日以降は前年並みだといい、同タワーの大場泰郎営業部長は
「平日でも3割は増えると予想したので、少し残念だ。これからに期待したい」と話した。

JR北海道によると、新幹線利用客は3日間で約2万9700人で、平均乗車率は43%。
初日の26日は乗車率61%だったが、平日の28日は31%に下がった。
29日以降の乗車率は公表していないが、予約状況では空席が目立つ。

観光名所の函館朝市の関係者は
「土日だった開業後2日間は人が増えたが、その後は通常と変わらない。
平日の入り込み数をいかに伸ばし、大型連休の繁忙期につなげるかが勝負だ」と話す。」


北海道新幹線は北海道にとって悲願でありました。

道民にとって待望の新幹線というイメージが強かったわけですが、
実際はそうでもなかったというのが実態なのでしょう。

もちろんまだ札幌までつながっていないというのは大きな問題としてありますが、
それにしても現在の乗車率が続くのであれば、
北海道新幹線の運行に赤信号が灯ってしまいます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック