cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
新電力の危機―新電力大手の日本ロジテックが破産 負債総額163億円
4月15日、新電力大手の日本ロジテック協同組合が自己破産を申請し、
同日手続き開始決定を受けました。

負債総額は163億円でした。


このことについて書かれた記事が『産経新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「新電力(新規参入事業者)大手の日本ロジテック協同組合(東京都中央区)が15日、
東京地裁に自己破産を申請し、同日手続き開始決定を受けた。
帝国データバンクによると、
負債総額は約163億円と今年最大で、新電力の倒産としては過去最大規模。
電気の供給は大手電力が肩代わりするため、契約者が停電することはない。

日本ロジテックは平成19年の設立。
22年に電力を一括購入し仕入れ価格を下げた上で、
組合員に安価な電力を販売する「電力共同購買事業」を開始し、
27年3月期の売上高は約555億円だった。
しかし収益性が低く、資金繰りが急速に悪化していた。

4月の電力小売り全面自由化で価格競争が激しくなれば、
経営基盤の脆弱な新電力の淘汰が加速する懸念もある。」


記事にもある通り、今年の4月から電力小売りが全面自由化されました。

それに伴って多くの業者が新規参入を果たしたわけですが、
今回の大手・日本ロジテックの破産からわかる通り、その足元は非常に脆弱です。

今回の日本ロジテックに関しては、
自治体などが発電した電力の買い取りなどで多額の未払い金があるそうで、
債権回収をめぐってこれからさらに影響が広がることが予想されます。

電力は私たちの生活に密接に関わってくるものですので、
今回のことを機に新電力や電力小売り自由化について改めて考える必要があるのかもしれません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック