cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
エイブラハム・リンカーン(1809年~1865年)の名言
「君の決心が本当に固いものなら、
もうすでに希望の半分は実現している。
夢を実現させるのだという強い決意こそが、
何にもまして重要であることを決して忘れてはならない。」



これはエイブラハム・リンカーンの名言です。

リンカーンはアメリカ合衆国の第16代大統領です。

在任中に奴隷解放宣言を行ったことが有名で、
アメリカ合衆国の歴代大統領の中でもトップクラスの尊敬を集める人物として知られます。

リンカーンは信念の人です。

無学な両親のもとに生まれ、
リンカーン自身も受けた教育といえば基礎的なものだけでした。

リンカーンはそのハンデキャップを独学で補い、
23歳の時に政治の世界を目指しイリノイ州議会議員選挙に出馬します。

しかし落選してしまいました。

その後は弁護士として活動していましたが、
1834年に再び州議会議員選挙へ挑戦し、そして当選します。

その後は1846年アメリカ合衆国下院議員に選出され、
ついに1860年には共和党大統領候補に選出され、
大統領選で民主党候補を破り、第16代大統領となったのです。

そしてその時にリンカーンが信念を持って取り組んだのが「奴隷解放」でした。

しかしアメリカ内部にはこれに対して反対意見が根強く、
結果的には合衆国を二分する南北戦争に結びついてしまいます。

しかしリンカーンは信念を曲げなかったのです。

その後、リンカーンは奴隷解放を実現し、南北戦争にも勝利します。

まさに信念の勝利でした。

今回紹介した名言の中でもリンカーンは信念(決心)の重要性を語っています。

信念を強く持ち、事に向かった者が夢を実現させるのです。

実現したいことがあるのならば信念を強く持たなければならないということが言えるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック