cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ココ・シャネル(1883年~1971年)の名言
「みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。
でもそれが私の成功の鍵。
みんなと同じ格好をしなかったからよ。」



これはココ・シャネルの名言です。

ココ・シャネルといえば世界的に有名なファッションデザイナーです。

世界的ファッションブランド「シャネル」の創業者として知られています。

もともとココ・シャネルはファッションの世界に入るつもりはありませんでした。

じゃあなぜファッションデザイナーになったのかといえば、
退屈しのぎで制作した帽子のデザインが認められたことがキッカケだったのです。

工夫の凝らされた帽子、そして衣服は世の中の女性の心を掴みました。

流行を先取るという言葉があります。

人とは違うファッション、
人々に影響を与えるようなファッションをしている人物に対してそのような言葉を使うわけですが、
そういった点で言えばココ・シャネルはいち早く流行を先取った人物でした。

しかしながらココ・シャネルはよく居る街のオシャレさんとは違いました。

彼女はファッションデザイナーだったのです。

ファッションデザイナーとはその名の通り、ファッションをデザイン(意匠)する人のことです。

意匠とは形・色・模様などをさまざまに工夫することであり、
まさにココ・シャネルがファッションに臨む姿勢とリンクします。

工夫を凝らすと言ってもむやみやたらに不必要な工夫を加えても意味がありません。

ポイントを押さえなければならないのです。

そういった部分でココ・シャネルは天才的でした。

彼女は先進的な感覚、ファッションを身にまとっていたのです。

みんなと同じではない服を着ていた彼女周りが、
彼女の着ている(デザインした)服を着る女性ばかりになりました。

彼女が着ているものを見て笑っていた人物が閉口したことは言うまでもありません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック