cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
突然の別れ―前田健さんが44歳で急死 路上で倒れ緊急搬送
松浦亜弥のモノマネで知られる前田健さんが26日、死去されました。

44歳でした。

前田さんは24日に路上で倒れ、心肺停止状態で病院に搬送されていました。

一時は持ち直したとの情報もありましたが、26日に帰らぬ人になってしまいました。


このことについて書かれた記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「心肺停止状態で病院に搬送されていたお笑いタレントの前田健(まえだ・けん)さんが
26日午前1時36分、死去した。
44歳だった。
東京都出身。

前田さんは24日午後7時15分ごろ、
新宿区新宿3丁目の繁華街の路上で突然おう吐した後、倒れた。
通りかかった医大生を名乗る男性が心臓マッサージをし、
10分後に救急車が到着して心肺停止状態で病院へ搬送。
所属事務所は25日に
「心肺停止の状態で救急車に搬送されました。現在も治療中です」とコメントしたが、
懸命な治療もかなわず26日未明に息を引き取った。

前田さんは24日、自身のツイッターを更新。
夕方に「人はさ、近くの小さな夢と、遠くの大きな夢があったほうがいいね」とつぶやいた後、
新宿三丁目の飲食店で食事をしたことをつづっていた。

歌手の松浦亜弥(29)の物まねでブレーク。
本人からも似ていると認められ、ゲームソフトのCMで共演した。
近年は俳優としても活動していた。」


あまりにも突然の死でした。

もともと心臓が悪かったそうですが、
テレビで拝見している限り、そのような印象を受けていなかったので本当に驚きました。

前田さんはあややのモノマネの元祖であり、
唯一無二のクオリティでたくさんの笑いを届けてくれました。

本当に面白かったです。


今はただ安らかに。合掌。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック