FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ゴッドタン
inparus01.jpg

今回は6月11日に放送された、ゴッドタンについて書きたいと思います。今回のゴッドタンは新企画「芸能界ストイック暗記王」でした。どんな内容だったかというと、芸能界はまさに女と金の世界であるとの考え方のもと5分間で出された課題を超セクシーな誘惑に耐えながら記憶できれば5万円というまさに女と金の誘惑のどちらが勝つかという内容でした。セクシーな誘惑を仕掛けてくるのは劇団ひとりさん率いる「気をそらせ隊」という美女軍団です。まずこの戦いに挑んだのはバナナマンの日村さんでした、出された暗記課題は世界の長い川ベスト10でしたが日村さんはこのセクシーな誘惑に完全に敗れまして、心が終始つかまれたまま終了そして結果は当然のことながら暗記失敗となってしまいました。そして次に挑んだのはバナナマンの設楽さん与えられた暗記課題は過去10年のカンヌ映画祭のパルムドール作品、始まる前には日村さんからの激をもらいまさに相方の借りを返す戦いだったんですが、セクシー美女たちのキスをテーマにしたガールズトークに設楽さんは釘付けとなり、しまいには紙越しにその会話を見ながらデレデレの顔でなってしまっていました、当然こちらも全然暗記できずに失敗終わってしまいました。次に出て行ったインパルスの堤下さんに与えられた暗記課題はメジャーリーグの歴代ホームラン数の上位10人でした。ここはもともと野球が好きな堤下さんということもあり期待がかかったんですが、なぜかセクシー美女の中に劇団ひとりさんがひとり子と称して登場しまして、しかもほかの美女たちと同じでビキニの水着姿でいる劇団ひとりさんはへその下に劇団ひとりさん自身が現在治療中のイボのあとがあり、その姿に堤下さんは笑ってしまい完全に集中力を失いまして終盤の劇団ひとりさんたちの茶番劇にはお得意のツッコミまで入れてしまいまして、暗記課題を当然のことながら覚えることができずに失敗となりました。最後に小木さんはブラジルのプロサッカーリーグのベスト10のチームの暗記に挑んだんですが、ここではセクシーな誘惑というよりもすごいマジックを見せて気をそらせるというのが「気をそらせ隊」の小木さんへのやり方でした、このマジックは本当にすごくて小木さんも驚いていました、また途中には劇団ひとりさんも登場しました。完全に覚えることができなかった小木さんも失敗となりました。今回もゴッドタンらしいバカらしさの追求みたいな内容で楽しかったです。次回は2回目となるドジ芝居の企画をやるそうなんでそちらも楽しみです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック