cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
復興を願って―熊本民放4局 嵐&小山氏の応援メッセージを一斉放送へ
熊本県の復興を願って様々な行動が起こされる中、
このたび熊本出身で放送作家の小山薫堂さんから復興に向けた新企画が発表されました。


このことについて書かれた記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「熊本県天草市出身の放送作家・小山薫堂氏(51)が30日、
自身のフェイスブックページで、熊本地震復興への新企画を発表した。
2010年(平22)のNHK紅白歌合戦のために、自ら作詞し、
嵐が歌った楽曲「ふるさと」を使った、60秒の応援メッセージを制作。
熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送の、熊本県の民放4局で、
5月1日午後8時53分から1分間、一斉に放送するという。

小山氏はフェイスブックページに、以下のように思いをつづった。

「2010年の紅白歌合戦内の嵐特別企画として『ふるさと』という曲を作詞させていただいた時、
僕は当然ながら自分のふるさとである熊本に心を寄せて書きました。
その『ふるさと』という曲を使って、自分のふるさとに応援メッセージを送りたいと思い、
ジャニーズ事務所さんにご相談したところ、お力を貸してくださいました。
そして、熊本のみなさんに向けた60秒の応援メッセージ映像が完成しました」

「さて、これをどうやって多くの人に届けるか…
ダメモトで熊本の民放4局
(熊本放送、テレビ熊本、熊本県民テレビ、熊本朝日放送)での放送をお願いしたところ、
思わぬお返事がきました。
『熊本の民放4局が一致団結して、同日同時刻一斉放送します』とのこと!
さらに熊本日日新聞、ラジオ各社まで加わり、ライバルの壁を越えての展開となってきました」

「こんな時だからこそ、みんな一緒に! 
…メディアが一丸となる姿勢が、熊本のみなさんの勇気の支えになりますように! 
5月1日(日曜日)夜8時53分~54分(60秒)です。
熊本のみなさん、ご覧ください」(原文のまま)

小山氏は熊本県のご当地キャラ、くまモンの生みの親で
「くまモン募金箱」を柱とした熊本地震復興支援プロジェクト
「FOR KUMAMOTO PROJECT」を立ち上げた。
公式ページが28日に
Yahoo! ジャパン内(http://docs.donation.yahoo.co.jp/forkumamoto.html)に立ち上げられ、
30日午後5時半現在、「くまモン募金箱」には、
4313人が募金し、募金総額は573万4843円に上っている。」


熊本県の復興に向けて多くの個人・団体が動いていますが、
その中でも小山さんの動きは迅速で活発です。

自分は毎週、小山さんがMCを務めるラジオ番組を聴いているのですが、
熊本地震以後の放送は全て熊本地震に関する内容となっており、
その放送からは復興に向けた小山さんの熱い思いが伝わってきます。

小山さんが願う通り、一日も早い復興がなされることが望まれます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック