cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
待望の復活―『クレヨンしんちゃん』で「ぶりぶりざえもん」が16年ぶりに喋った!!
『クレヨンしんちゃん』の人気キャラ「ぶりぶりざえもん」が5月13日の放送で復活するそうです。

ぶりぶりざえもんの声を担当されていた塩沢兼人さんが死去して以降、
『クレヨンしんちゃん』にぶりぶりざえもんが登場しても喋ってはいなかったのですが、
5月6日放送の次回予告でなんとぶりぶりざえもんが喋り、そして復活が予告されたのです。


このことについて書かれた記事が『J-CASTニュース』に掲載されていたので以下で紹介します。

「突然の発表に、アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)ファンの間には驚きが広がった。
2016年5月6日放送の次回予告で、
登場人物の「ぶりぶりざえもん」が16年ぶりに「しゃべった」からだ。

前任者の塩沢兼人さんが急逝して以来、人気キャラでありながらアニメでは一切台詞がなかった。
後任の声優はまだ正式に発表されていないが、「復活第一声」の特徴から、
ファンの間では某人気声優だ、との推測が多数挙がっている。

第一声は「待たせたな。いよいよ私の出番だ」

「待たせたな。いよいよ私の出番だ」――
16年ぶりとなる「第一声」が流れた直後の1時間ほどの間に、
ツイッターでは「ぶりぶりざえもん」を含むツイートが1万件近く投稿された
(Yahoo!リアルタイム検索より)。

6日の放送での予告編では、
ぶりぶりざえもんを主人公とした「ぶりぶりざえもんの冒険 覚醒編」が
次回13日にオンエアされることが告知された。
ナレーションでは、主人公・野原しんのすけが、
「救いのヒーロー・ぶりぶりざえもんが、16年ぶりに帰ってくる!」と強調し、その「覚醒」を盛り上げる。

「ぶりぶりざえもん」は、しんのすけが自作の絵本の主人公として生み出した、
ブタのような姿の「救いのヒーロー」だ。
本編とは別の「外伝」的なエピソードで、しんのすけに呼び出されて助っ人として登場するのだが、
いつも自信満々なのにほとんど役に立たず、平然と味方を裏切った挙句、
高額の「救い料」を要求するなど、なんとも頼りなく、
だがそれでいて妙に憎めないキャラクターとして描かれている。
その登場場面だけをまとめたDVDが発売されるなど、作中でも屈指の人気を誇ってきた。

ところが2000年、声を演じていた塩沢兼人さんが、46歳で急逝してしまう。
個性派声優として知られる塩沢さんのハマリ役だっただけに、
制作側も「代役を立てない」ことを決定、以後16年間、
登場しても一切喋らない、という特殊な扱いが取られてきた。

ファンの間では「意外と合ってる」との声

塩沢さんに代わる「2代目ぶりぶりざえもん」の声優名は、
今のところ公式には明らかにされていない。
だが、ファンの間では、6日に流れた特徴のある声から、
「神谷浩史さんでは?」との見方が広がっている。
「進撃の巨人」(リヴァイ役)、「おそ松さん」(チョロ松役)、
「〈物語〉シリーズ」(阿良々木暦役)などヒット作に相次いで出演する、
今最も人気のある男性声優の一人だ。

予告編での演技に接した視聴者からは、
初代塩沢さんへの思い入れから「複雑だ」という声も多く見られた一方、
「塩沢さんのイメージしかないけど神谷さん違和感ないね」
「思ったより神谷ざえもんが悪くない...塩沢さんのぶりぶりざえもん大好きだったから
さっき知った時は複雑だったけどなんかこれならいいんじゃないかなって思ってしまった」
と「意外と合ってる」との好反応も目立つ。

13日の放映で、真相が明らかになるとみられる。」


これは本当に楽しみです。

「ぶりぶりざえもん」といえば、
自分が『クレヨンしんちゃん』を特に観ていた頃に活躍したキャラクターです。

それだけに思い入れも強いキャラクターであるわけですが、
それは世間の多くの人にとっても同じであるようで、記事にあるように様々な声が飛び交っています。

とりあえず13日の放送を楽しみに待ちたいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック