cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
試合の勝者が称えるマナーの勝者―ジョコビッチ、違反をかばったマレーの精神に脱帽
5月8日、テニス、マドリード・オープンの男子シングルス決勝が行われ、
ノバク・ジョコビッチ選手が6-2、3-6、6-3で勝利を収め、2度目の大会制覇を果たしました。

この試合の中で、
試合中にジョコビッチ選手の違反行為を対戦相手のアンディ・マレー選手がかばう場面があり、
そのことについてジョコビッチ選手が試合後にマレー選手を称えました。


このことについて書かれた記事が『AFP=時事』に掲載されていたので以下で紹介します。

「テニス、マドリード・オープン(Mutua Madrid Open 2016)の
男子シングルスを制したノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)は、
8日の決勝を終え、試合中に自分の違反行為をかばった対戦相手、
アンディ・マレー(Andy Murray、英国)のスポーツマンシップをたたえた。

世界ランク1位のジョコビッチは、
最終セットの第7ゲームでサーブを打とうとした際、
時間をかけすぎているとして、
審判からタイムバイオレーション(ゲーム遅延)の警告を受けた。

しかしマレーは、
ジョコビッチがサーブを打てなかったのは自分のせいだと述べ、
審判に「彼を待たせたのは自分だ。彼は5秒前には準備ができていたんだ」と必死で主張した。

結果的に6-2、3-6、6-3で勝利を収め、2度目の大会制覇と、
ATPワールドツアー・マスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)で
歴代最多となる29度目の優勝を飾ったジョコビッチだが、対戦相手のスポーツマンシップをたたえ、
自身のツイッター(Twitter)に
「アンディ・マレー(@andy_murray)、
今夜は君のスポーツマンシップを見て、本当にうれしく、とても感激した。
テニス界には、君のようなアンバサダー(大使)がいてくれてラッキーだ。ありがとう」と投稿した。」


試合中に対戦相手をかばうというのはなかなか出来ることではありません。

ましてや自分の非を認めるとなると尚更です。

そういった点でマレー選手はマナーの勝者だと言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック