cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい―HKT48の新曲の歌詞に「女性蔑視の歌詞だ」と批判が噴出
4月13日に発売された
HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対して批判が出ているそうです。

その歌詞は「女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい」というもので、
この歌詞に対して「女性蔑視の歌詞だ」という批判の声が上がっているそうなのです。


このことについて書かれた記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「女の子は 可愛くなきゃね 学生時代は おバカでいい」。
秋元康さんが作詞したアイドルグループ「HKT48」の歌「アインシュタインよりディアナ・アグロン」に、
「女性蔑視の歌詞だ」と批判が起きている。
恵泉女学園大(東京都多摩市)の大日向雅美学長は、
学生による反論と替え歌を学長ブログに掲載。
「学生は将来輝くために勉強している。
可愛いことと頭が良いことを二律背反に捉えた詞には違和感がある」と話している。

曲は4月13日に発売された。
「頭からっぽでいい」
「世の中のジョーシキ 何も知らなくても メイク上手ならいい」と見た目重視の女子の心情を歌う。

ディアナ・アグロンは米女優。
高校のチアリーダーとして活躍し、
卒業後は名門エール大に進学する美少女を米人気テレビドラマ「グリー」で演じる。

学生から曲を知らされた大日向学長が、
授業で取り上げると「テストの点より瞳の大きさが気になったことはある」との声が出る一方、
「学生時代おバカだと、一生おバカ」
「内面からも人は輝ける」と反論が相次いだ。

ブログでは、学生による替え歌を紹介している。
「メイク練習しつつ ニュースも見よう」
「アインシュタインにもなりたいし ディアナ・アグロンにもなりたいし もっともっと輝きたい」

女性の社会進出に詳しい千田有紀・武蔵大教授(社会学)は
「『女の子は恋が仕事よ』とあるが、今は雇用が不安定で女性も働き、
知識や聡明(そうめい)さもないと生きていけない時代。
昭和的価値観を強調するのは時代遅れだ」としている。
HKT48の運営管理会社、AKSは「特にコメントすることはない」とし、
秋元氏の事務所は期限までに返答がなかった。」


一つの歌詞にここまでの論争が起きるというのは、
ある意味で言えばAKB48グループがいかに注目されているかということにつながってきます。

言ってしまえば秋元康さんはおじさんです。

そんなおじさんが女の子の気持ちを予想して書いた歌詞であり、
間違いや「ん?」と思う部分があって当然なのです。

しかし世間的な注目度からいっても放っておけない人たちがいるのもまた事実です。

そこのバランス感覚を大事にしながら歌詞を書かなければならないというわけです。

注目されるのも楽ではありません。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック