cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
アイドルとファンの関係性―アイドルの冨田真由さんが刺され重体 27歳の男逮捕
ショッキングな内容のニュースです。

女性アイドルの冨田真由さんが21日、
ファンとみられる男性に体を20カ所以上を刺され、意識不明の重体になっています。


このことについて書かれた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「21日午後5時ごろ、東京都小金井市本町の雑居ビル前で若い女性が男に刺された。
病院に運ばれたが、意識不明の重体。
小金井署は住所、職業不詳、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)を現行犯逮捕。
小金井署への取材によると、「刺したのは間違いない」と容疑を認めている。
女性はアイドル活動をしている冨田真由さんとみられる。
現場となった雑居ビルの地下1階のライブハウスで21日夜、イベントに出演予定だった。

岩埼容疑者は冨田さんのファンだったとみられる。

冨田さんのツイッターには今年1月中旬ごろから、
特定のアカウントから頻繁に、不審なストーカー行為ともとれる内容のコメントが投稿されていた。

1月中旬に冨田さんに宛てて、開設したばかりのアカウントから
「腕時計プレゼントする意味を知ってますか?大切に使ってくださいね」
「真由ちゃんがTwitterフォローしてよと言ったからフォローしてます。
たまには返信してちょうだい」と一般的なファンのようなコメントだったが、
次第に「君はタメ息が出るほどステキだけれど、もう優しくしない」
「愛情なんていとも簡単に憎悪に変わっちゃうけれど、僕は普通にトミーさんのこと好きですよ」と、
投稿内容に変化が現れはじめた。

以降も頻繁に冨田さん宛に、自分の生活や、占いの話、書物の話題のほか、
意味の分かりにくい内容の投稿も送り続けた末に、2月下旬に
「あなたに見下されたこと一生忘れないから」
「君の人生、誰のもの?」
「トミーさんは不誠実だねぇ」などと怒りをにじませ、
非難するかのようなコメントを執ように送り始めた。

3月に入ると
「もしかしてインフル?拉致監禁とかされていなければ良いのだけれど…」
「まゆちゃ~ん!!!」
「おはよー」
「瞳を閉じればあなたが」
「死にたくなった」「」などとストーカー的な内容の投稿が目立ちはじめ、膨大な数のコメントを送信。

4月後半には
「最高の嫌がらせをありがとー」
「お前それでも人間か」
「早く『ゴミ』返してね」と、怒りに満ちた投稿や、プレゼントの返却を求めるかのようなコメントを送り、
5月に入ってからは冨田さん宛の投稿をピタリと止めていた。」


アイドルとそれを応援する者の感情というのは微妙なものです。

大半の人は純粋な感情で応援というか、
通常の応援し方という言い方が正しいのかわかりませんがそういった感じで応援しています。

アイドルファンとしての作法(マナー)を守る行き方です。

自分も常々からこうでありたいと思っています。

しかしどうしても好きという感情が応援の原動力となりますので、
一部のファンというか、どれだけのファンが陥るのかわかりませんが、
その好きという感情が歪んでいってしまうことがあるのです。

世界的に有名なのはジョン・レノンの事件でしょう。

記事にある岩崎容疑者のTwitterの変化を見ていても、
この事件はその好きという感情が歪んでいってしまったことによるものだといえるでしょう。

アイドルを特別な感情で応援するのは決して悪いことではありませんが、
そんな時こそ、自分を冷静に見て、これは趣味だと割り切れなければならないと思います。

あなたが応援しているアイドルは決してあなただけのものではないのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック