cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「核兵器なき世界」を目指して―オバマ米大統領、現職の米大統領として初めて広島訪問
5月27日、米国のバラク・オバマ大統領が広島を訪問しました。

現職の米国大統領が被爆地である広島を訪問したのはこれが初めてとなります。


このことについて書かれた記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「1945年に世界で初めて原爆が投下された広島に27日、
現職の米大統領として初めてオバマ大統領が訪問した。

「閃光(せんこう)と火の壁が街を破壊した。
人類が自分たち自身を破壊する手段を持った」。
慰霊碑への献花に続く演説で広島で起こった悲劇を訴えたオバマ氏は
厳しい表情を崩さなかったが、涙ぐむ被爆者を抱擁し、柔和な表情を浮かべる場面もあった。

終戦から71年間をかけて築いた日米の友好関係を強調したオバマ大統領。
被爆地の広島と長崎から「平和な世界」をつくる決意を新たにした。

午後5時すぎ、
大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」で、広島西飛行場に着陸し、歴史的訪問をスタート。
濃紺のスーツに青色のネクタイといういでたちで平和記念公園に入ると、
まず平和記念資料館(原爆資料館)を訪れた。
「私たちは戦争の苦しみを経験した。
平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持とう」と記帳。
約10分間の視察中、「平和の象徴」である折り鶴をつくり、同席した小中学生2人に贈った。

その後、晴天の下、
前を見つめ安倍晋三首相と並んでゆっくり歩きながら、原爆死没者慰霊碑へ。
地元高校生から受け取った花輪を献花した後、黙とうをささげた。
一方、米国内で「謝罪」と受け止められることを避けるためか、
続いて献花した安倍首相のように頭を下げることはなかった。

続く17分間の演説は終始、神妙な面持ち。
「空に上るきのこ雲の姿は人間性の中心にある矛盾を想起させる」
「愛する人々、子供たちの笑顔、夫婦の触れ合い、親の抱擁。
71年前、同じようにこういう大切なひとときがあった。
亡くなった人々はわれわれと同じだ」―。

その後、オバマ氏は、
被爆者代表として出席していた日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の
坪井直代表委員(91)のもとに歩み寄った。

「自分は91歳になったが、
オバマ大統領が人類の幸せとは何か語るのを見て、心がずいぶん若返った。
(2009年に)プラハで語った『核兵器なき世界』の実現に向け一緒に頑張りましょう」。
興奮しながらこう話す坪井さんの手を握りながら、
耳を傾けたオバマ氏は、時折笑顔を見せ、「ありがとう」と応じた。
オバマ氏はこの後、
近くに座っていた被爆者の森重昭さん(79)が涙ぐむと背中をさすりながら抱き寄せた。

最後は慰霊碑から原爆ドームに向かって歩き、
岸田文雄外相から説明を聞いた後、こう言い残して平和記念公園を後にした。
「平和にとって大切な場所だ」。」


「核兵器なき世界」、これはオバマ大統領の一つの政治的テーマであります。

これでノーベル平和賞も受賞しました。

大統領から退くまでのカウントダウンが迫った今となって広島訪問が実現したのは
少し遅かったようにも感じられますが、
それでもこれが画期的な事であることには変わりはありません。

残りの在任期間中、
そして退任後もこの「核兵器なき世界」に向けて取り組んでほしいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック