cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ハロ!ステ』 #171(MC:高木紗友希&田口夏実)
『ハロ!ステ』の♯171が6月1日にアップされました!!

今回の『ハロ!ステ』のMCを務めたのは、
Juice=Juiceの高木紗友希(さゆべぇ)と、こぶしファクトリーの田口夏実(たぐっち)です­。


今回の『ハロ!ステ』の内容は以下の通りです。

こぶしファクトリー「TEKI」(横浜Bay Hall)

℃-ute「都会っ子 純情」(香港公演)

アンジュルムのマナーのお時間

ハロプロ研修生 発表会リハーサル

アンジュルム田村芽実メッセージ(日本武道館)

アンジュルム「旅立ちの春が来た」(日本武道館)


今回の『ハロ!ステ』では、
日本武道館で行われた田村芽実(めいめい)の卒業公演の模様が流されていました。

この卒業公演は5月30日に行われました。


この卒業公演について書かれた記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「女性9人組アイドルグループ、アンジュルムの田村芽実(17)の卒業コンサートが30日、
東京・日本武道館で行われた。
デビュー曲「夢見る15歳(フィフティーン)」、ヒット曲「臥薪嘗胆」など24曲を熱唱。
1752日のアイドル人生を全力パフォーマンスで締めくくった。

田村はオープニングで「きょうは世界中のどこよりも幸せな空間をお届けします」と1万人に宣言。
メンバー8人から旅立ちを描いた楽曲「交差点」を贈られると、全員で大粒の涙をこぼした。

スマイレージ時代の11年8月、2期生として加入。
グループの人気が低迷していた時期だった。
14年にシングル「大器晩成」のヒットで人気が回復するまでの不遇な時代を、
おっとりキャラとグループ一の歌唱力で、支えたのが田村だった。

今後はミュージカル女優を目指す。
卒業セレモニーでは手紙を朗読して「一人前の表現者として帰ってきます」と約束。
「世界中どこを探しても私より幸せな人はいないんじゃないかな」と会場を見渡し、笑顔をはじけさせた。」


遂にめいめいが卒業してしまいました。

今回の卒業は夢に向かってものであり、卒業公演でのめいめいの表情は輝いていました。

是非とも日本中にその名をとどろかせるようなミュージカル女優を目指して頑張ってほしいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック