cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
英雄の死―ボクシング元ヘビー級王者・モハメド・アリが74歳で死去
6月3日、ボクシング元ヘビー級王者のモハメド・アリさんが死去されました。

74歳でした。


このことについて書かれた記事が『時事通信』に掲載されていたので以下で紹介します。

「プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンで、
20世紀を代表するカリスマ的英雄だったモハメド・アリ(本名カシアス・クレイ)氏が
入院先の米アリゾナ州フェニックスの病院で3日死去した。
74歳だった。
家族が声明を出した。

アリ氏は30年以上にわたりパーキンソン病を患っており、呼吸器系の病気で入院したばかりだった。

米ケンタッキー州ルイビル生まれ。
12歳でボクシングを始め、
18歳で出場した1960年ローマ五輪のライトヘビー級で金メダルを獲得した後、プロに転向した。

64年にソニー・リストンを破って世界ヘビー級王座を獲得。
直後にブラック・ムスリムに入信してモハメド・アリと改名した。
67年には兵役を拒否し、タイトルとボクシングライセンスを剥奪された。
黒人差別の残る米国社会への批判的言動を繰り返して物議を醸した。

70年に復帰。
74年にコンゴ(旧ザイール)のキンシャサで行われたジョージ・フォアマン戦で、
絶対不利の予想を覆してKO勝ちし王座を奪還。
この一戦は「キンシャサの奇跡」と呼ばれ語り継がれている。
78年2月にレオン・スピンクスに敗れて王座を失ったが、
同年9月の再戦に判定勝ちし、3回目の王座獲得を果たした。

いったん引退した後、80年にはラリー・ホームズの王座に挑戦して敗れ、81年に引退した。
通算19回のタイトル防衛を果たし、戦績は56勝(37KO)5敗。
 
全盛時のクレバーなボクシングスタイルは「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評された。
引退後は病気と闘いながら、96年のアトランタ五輪開会式では聖火の最終点火者を務めた。
 
76年に来日した際、アントニオ猪木氏(元プロレスラー、現参院議員)と対戦したのも話題となった。」


モハメド・アリさんといえばボクシング界の英雄です。

晩年はパーキンソン病を患い、公の場に頻繁に登場することは無かったわけですが、
そのような中でアトランタ五輪で聖火の最終点火者を務めた姿は世界中に感動を与えました。

モハメド・アリさんはいつまでも経ってもヒーローだったです。

今はただ安らかに休んでほしいと思います。合掌。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック