FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ゴッドタン
bananaman07.jpg

今回は6月18日に放送された、ゴッドタンについて書きたいと思います。今回のゴッドタンは「ドジ芝居でアピール合戦」の第二弾が放送されました。今回の「ドジ芝居でアピール合戦」に出場した日本を代表するドジアクターは「ドジ芝居界のシンデレラボーイ・バナナマン日村さん」、「ドジ芝居界のバーター王子・山里亮太さん」、「ミスタードジオヤジ・カンニング竹山さん」、「ドジ芝居界の貴公子・劇団ひとりさん」の4人です。そしてこのドジアクターに対して主役のポジションの演技をした俳優さんたちはバナナマンの設楽さんこと設楽フミトさん、おぎやはぎの小木さんことアパッチ小木さん、あびる優さんことあびるアリサさん、品川庄司の庄司さんこと中山翔二さんの4人でした。ドジアクターよりこの主役のポジションを演じる4人のほうが面白いなと自分は思ったりします。今回からこの俳優陣に入ったあびるアリサさんという存在は明らかにエリカ様といわれる沢尻エリカを意識されたものです、それだから何を質問されても「特に」と答えるんですが、この返事にはドジアクター側から本当は「別に」なんだけどねと突っ込まれていました。そしてなんといってもこの4人の中で強いインパクトを残してくれるのはアパッチ小木さんですね、このアパッチ小木さんは第一弾の「ドジ芝居でアピール合戦」での演技がワンパータンであることからドジアクター達がドジな演技をしてかっこいいシーンまで持っていく前にそのドラマを壊すということがありドジアクターたちからはジョーカーとその存在を恐れられています。今回そのアパッチ小木さんがドラマ壊したのはカンニング竹山さんが担当した「特命課長Z」の時でした、アパッチ小木さんの役どころは特命課長に絡む悪者役でしたが、ここでアパッチ小木さんはセリフをかんでしまいそのドラマの中の雰囲気を壊してしまいました。コレにはドジアクターたちから不満が爆発しましたがなぜか矢作さんはアパッチ小木さんを支持する発言を連発すると日村さんから矢作さんに「あなたがアパッチ側だと僕らは何もできないよ」という魂の叫びが発せられました、まあ日村さんがここまで言うのはしょうがないですよねアパッチ小木さんはまさに素人の演技ですからね。「ドジ芝居でアピール合戦」は次回に後編が放送されます、こちらもかなり楽しみですね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック