cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
やっぱり強かった―AKB総選挙で指原莉乃が史上初のV2を達成
6月18日、「第8回AKB48選抜総選挙」が開票され、
HKT48の指原莉乃が一位となりAKB48総選挙史上初の2連覇を達成しました。


このことについて書かれた記事が『オリコン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「AKB48の45枚目のシングル(タイトル未定、8月31日発売)の楽曲を歌う選抜メンバーを決める
『第8回AKB48選抜総選挙』が開票され、
HKT48チームHの指原莉乃(23)がAKB48総選挙史上初の2連覇に輝いた。
総獲得投票数は過去最多となる24万3011票を獲得した。
2位は2年ぶり女王奪還を狙っていたAKB48チームBの渡辺麻友(22)、
3位はSKE48チームSの松井珠理奈(19)となった。

過去の総選挙では、前田敦子(1位:第1回/第3回)、大島優子(1位:第2回/第4回)、
自身も第5回に頂点に輝いたが2連覇目前に渡辺(1位:第6回)に阻まれた。
しかし、8年目にして“レジェンド”前田と大島が成し得なかった偉業を見事に達成し、
ついに女王“交互の法則”を打ち砕いた。

スピーチで指原は
「皆さん、本当に本当に本当にありがとうございます。
あっちゃん(前田)も優子ちゃんも達成できなかった連覇、
私なんかと思うかもしれませんが達成できたこと、心からうれしく思います。
ありがとうございます」と目に涙を浮かべ感謝。

「おこがましいのですが、一つだけお願いがあります。
これで3回目の1位になります。
どうか、どうか私を1位として認めてください」とファンに呼びかけ
「私の1位は当たり前ではありません。
私のファンの皆が無理に無理に無理を重ねて、頑張ってくれた証です。
どうか、私に心からの『おめでとう』をお願いします。
いつかみんなみたいにおめでとうと言ってもらえる1位になりたいと思っていました。
本当に幸せです」と喜びをかみしめた。

また、選挙のPR動画では1位公約について
「ダチョウ倶楽部さんに弟子入りして、熱湯コマーシャルをコンサートでします」と宣言した指原。
「もちろん生着替えあり。毎年恒例の水着コンサートにしたい」と
意気込んでいただけに公約実現にも注目が集まる。

同選挙にはAKB48および姉妹グループに所属する272人が立候補。
5月31日からスタートしたファン投票によって、
45thシングルの表題曲のセンターや選抜16人、
カップリング曲を歌う「アンダーガールズ」(17~32位)、
「ネクストガールズ」(33~48位)、
「フューチャーガールズ」(49~64位)、
「アップカミングガールズ」(65~80位)がそれぞれ決定した。

◆指原莉乃(さしはら・りの)1992年11月21日生まれ、23歳。
大分県出身。愛称さっしー、さしこ。07年10月にAKB48加入した5期生。
12年5月に「それでも好きだよ」でAKBメンバー5人目のソロデビュー。
同年6月にHKT48に移籍し、翌年の第5回総選挙で初の1位を獲得した。
過去の総選挙は第1回から27位→19位→9位→4位→1位→2位→1位。」


やっぱり強かったですね。

なんだかんだ言って今のAKB48グループを支えているのは指原ということが証明されました。

しかしながら、新しい勢力の台頭がなければグループとしての未来はないともいえるでしょう。

今後の行方に注目です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック