cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
音楽と政治―「フジロックの政治利用」批判にアジカン後藤が反論
今年も夏フェスの時期がやってきました。

全国各地で様々なロックフェスが開催されますが、
その中でも代表的なフェスの一つである「フジロック・フェスティバル」にとある批判が寄せられています。

その批判が、
学生団体「SEALDs」の奥田愛基さんやジャーナリストの津田大介さんが出演することに対する、
「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などという批判です。

そしてこの批判に対して、
アジアン・カンフー・ジェネレーションのボーカルである後藤正文さんが反論を行い、話題になっています。


このことについて書かれた記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「今夏開催される野外フェス「フジロック・フェスティバル’16」に
学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、
ネット上では一部から「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などと批判の声があがっている。

こうした批判の声に、
ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文(39)が
「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論した。

後藤は20日にツイッターで、
「これまでいくつものNGOやアーティストがさまざまな主張をステージで繰り返してきたわけだし」と、
フジロックと政治の関係性について述べ、今回の批判について
「『読経に宗教性を持ち込まないでください』みたいな言説だよね」と的外れであることを指摘した。

後藤は、
「フジロックに」ではなく「音楽に政治性を持ち込むな」という意見であれば、
「リスナーは自由に言っていいと思う。
そういう意見に忖度するかどうかも、作り手の自由」とした上で、自身は
「音楽に持ち込んでいるのは社会性だと思ってるんだけれどね。
政治性じゃない。
社会と関わろうっていう、
あるいは社会と関わらずにはいられない、ってことなんだけど」との考えを示した。」


これはこれまで音楽に関わり続けてきた後藤さんだからこそ言える意見です。

パッと表面的な部分だけ見ると、
たしかに「SEALDs」のメンバーやジャーナリストが出演することには違和感を感じます。

しかし音楽の歴史やロックフェスの流れを見ると、
“政治に”というか“社会に”対して声をあげ続けてきたわけです。

もちろん音楽は楽しむものです。

堅苦しくなく聴きたいというのは当然でしょう。

そういった中でもフェスに参加する以上は、
その歴史や流れを理解し少し社会について考えてみることが必要になるのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック