cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
若き才能に集まる期待―サンフレッチェ広島・浅野、欧州3クラブが争奪戦
サンフレッチェ広島の浅野拓磨選手の獲得をめぐって、
ヨーロッパの複数クラブによる争奪戦が起こっているそうです。

国内では浅野選手の才能は多くの人の知るところですが、
すでにその才能は海外からも注目を集め始めているわけです。


このことについて書かれた記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「広島の日本代表FW浅野拓磨(21)の今夏獲得をめぐり、
欧州の複数クラブによる争奪戦が勃発していることが23日、分かった。
複数の関係者によると、
現時点で獲得の意思を示しているのはドイツ1部アウクスブルク、
オーストリア1部ザルツブルク、スイス1部グラスホッパー。
広島幹部は、正式オファーは「1通も届いていない」とするが、
今後の進展次第では移籍が一気に加速する可能性が出てきた。

3クラブはいずれも実力的に欧州の中堅。
将来のビッグクラブでのプレーを目指す浅野にとって、
海外挑戦の第1ステップとして好環境といえる。
また、かねて浅野をリストアップし、
今春に幹部が来日したドイツの名門シュツットガルトも現在、
正式オファーには至っていないが、浅野の活躍次第で再び動き出す可能性はある。

ただ、広島にとって浅野は、今季から背番号10を託したエース候補生。
J1通算159得点の元日本代表FW佐藤寿人(34)の後継者として期待しており、
複数年契約を結んでいる。
浅野の現在年俸は約1500万円だが、
将来性から移籍金は5億円前後に設定しているとみられる(金額はともに推定)。
今後、クラブ間で金額面を歩み寄れるかも、移籍実現のポイントとなる。
浅野のリオ五輪でのプレーに注目が集まるのはもちろんだが、
所属先の動向からも目が離せない状況となっている。」


浅野選手は将来の日本代表のエース候補です。

ここで海外に出ていくのか、
日本国内もう少し経験を積むのかは悩めるところだと言えます。

日本代表の本田圭佑選手は若手選手に海外に出ることを勧めています。

海外に出て日本国内とは違う環境でプレーするというのは間違いなくプラスです。

ただ海外に出て出場機会を失うということはマイナスの側面として挙げることができます。

若き才能の決断に注目が集まります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック