cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
世界遺産への登録
7月17日、ユネスコの世界遺産委員会は
国立西洋美術館本館を含む7カ国17資産で構成される
「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産登録を決めました。

国内の世界文化遺産登録はこれで16件目となります。


このことに関する記事が『毎日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「トルコのイスタンブールで開催されている
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は17日、
国立西洋美術館本館(東京都台東区)を含む
7カ国17資産で構成される「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産登録を決めた。
国内の世界文化遺産は
昨年の「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)に続いて16件目で、都内では初めて。
自然遺産も含めた世界遺産は国内20件目。

◇近代建築運動評価…7カ国17資産

文化庁によると、世界遺産委員会は一連の建築作品を
「人類の創造的才能を現す傑作。
近代建築運動の誕生と発展に関し、
半世紀にわたって世界規模で起こった前例のない価値の交流を示している」と評価した。
国立西洋美術館本館については
「日本における近代建築運動に大きく貢献した」などと指摘した。

ル・コルビュジエ(1887~1965年)は20世紀を代表するフランス人建築家。
合理的、機能的なデザイン原理を追求し、
20世紀の建築、都市計画に大きな影響を与えた。
国立西洋美術館本館(鉄筋コンクリート地下1階、地上3階建て。
延べ床面積約4400平方メートル)は
コルビュジエが日本で手がけた唯一の作品で、59年に完成。
らせん状の階段や1階部分を柱だけで構成するピロティなどが特徴とされる。

コルビュジエの17資産はフランス政府が主導する形で各国が共同推薦。
2009年と11年の世界遺産委員会でも審議されたが登録は見送られ、
近代建築運動へのコルビュジエの貢献を強調し構成資産も絞り込んで申請し、
3度目の挑戦で登録が決まった。
文化庁によると、作品群が大陸をまたいで世界遺産登録されるのは初めて。

ユネスコの諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス、本部・パリ)が5月、
世界遺産登録をユネスコに勧告。
国立西洋美術館本館については
「世界遺産登録を強く支持するなど、
地元コミュニティーの積極的な参画が認められる」と評価した。

作品は16日に審議される見通しだったが、
トルコ軍の一部によるクーデター騒乱で審議は中止され、17日に再開された。」


トルコのクーデターの影響で予定よりも一日遅れとなりましたが、
ついに東京都内では初となる世界遺産が誕生しました。

大陸をまたがるというかなり変則的な登録ではありますが、
だからこそその価値はかなり高いものだと言えます。

きっと世界遺産効果で混むんでしょうね。

自分もいつか行ってみたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック