cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
奴らの危うさーアメリカ大統領候補・トランプ氏の妻の演説内容に盗用疑惑が持ち上がる
アメリカ大統領選についての話題が活発になってきました。

なかでも話題は共和党の候補として出馬予定のドナルド・トランプ氏に集まっています。

過激な発言を繰り返すトランプ氏に対しては
共和党内からも嫌悪感を示す者が現れていますが、
ここに来てトランプ氏の家族に対しても問題視する声が上がっています。


このことに関する記事が『朝日新聞デジタル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「18日に米オハイオ州クリーブランドで始まった共和党大会で、
ドナルド・トランプ氏(70)の妻のメラニアさん(46)の演説の一部が、
ミシェル・オバマさん(52)の08年の民主党大会での演説と
酷似していることが問題になっている。
米メディアでは「盗用だ」という指摘も出ている。

党大会では、大統領候補になる人の配偶者が演説するのが慣例。
メラニアさんの演説も18日の目玉に位置づけられ、
当初は米メディアも好意的に報じていた。
しかし、数時間たってからミシェルさんの演説との酷似が明らかになり、
米ニュースチャンネルMSNBCが
「大学の試験の答案だったら、不可になる」と報じるなど、厳しい評価に変わった。

問題となっているのは、両親から
「人生において欲しいもののために努力をする。自分の言葉が自分の契約であり、
すると言ったことは実行する」と教わったという部分と、
「私たちはこの国の子どもたちに、自分たちが達成できることを制限するのは、
夢の強さとそのために働く意思だけだということを知って欲しい」という部分。
前段は細かい言葉遣いを含めて23単語が一致しており、
後段は細かい違いがあったが、30単語がほぼ一致した。」


注目が集まっていた党大会の場で本当に盗用をしたのだとしたら大したタマです。

しかも盗用したのがライバルである民主党の大統領夫人の言葉だというのですから、
なんとも言えない気持ちにさせられます。

大統領になれば自動的にファーストレディになるわけですから、
当然のように本人だけでなく家族も含めて見られるわけです。

本人に対する危うさだけでなく家族も危ういとなれば、
かなり厳しい大統領選となることが予想されます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック